☆つれモナ☆

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

NZ トモダチ作戦





先日ご紹介した
「Visit and Support Japan 2011」
バナーが完成しました。 (デザインby Kayさん

ご賛同いただける方は
どうぞご自由にお持ち帰りいただいて
ブログやHPにじゃんじゃん貼ってください。

VSJ
*クリックすると別窓で開きます。



サイトのほうはこれからもっと
見やすく使いやすく楽しくなるよう
改善していきますので
ぜひ皆様も末長くご協力ください。<(_ _)>



さて、今朝ニュースを見ていたら

500 Friends

という活動が紹介されていました。


1103295


オークランドの500家庭から
クライストチャーチの500家庭へ
救援物資を1箱ずつ届けよう!という活動です。

地震直後に南島に行ったオークランドの女性が
こういうことやってみたらどうかしら?と、
クライストチャーチの団体に問い合わせてみたところ
まさにそういうことが必要!と言われ
さっそく50人の友達に「10人ずつ紹介して!」
というメールを送って始まったとのこと。

思いついたらすぐやるこの行動力と
それを実現させてしまうこの国の人たちは
なんだかんだ言ってもたいしたもんだなあと思います。


1103291


テレビでは詳しく紹介されてなかったんですが
サイトを見てみて、そのシステマティックなことにびっくり。

大手の運送会社が提供してくれたダンボール箱に
それぞれの家庭が食品や日用品を入れ
それがクライストチャーチの各家庭に
またひとつずつ届けられる、という流れです。

箱に入れる物も決められていて
たとえば・・・

・食品の缶詰 12個
・粉末スープの素 2袋
・お米またはパスタ 500g×2袋
・シリアル 2Kg
・歯みがきのチューブ 2本
・歯ブラシ 2本
・石鹸 4個
・トイレットペーパー 4個
・お菓子 1袋

・・・・・などなど、全部で20品目。


1103292



その他ペットフード、生理用品
粉ミルクなどはオプションとして
お金とスペースに余裕があれば入れても可。
(すべてのリストはコチラで見られます。)


全部買うとだいたい$150ぐらいだそうです。
(一番高いのが粉ミルク1缶$25)

箱にはすでにこのリストのついたラベルが貼られているので
自分が入れた物に印をつけるようになっています。
または、$150寄付して全部買ってもらうという方法もあり。


この箱を一か所に集めて
クライストチャーチへと輸送します。


1103294


箱の中にはクライストチャーチの人たちへの
メッセージも忘れずに入れてください
・・・と書いてあって
子供達が手紙や絵を入れたリしてました。


今後も必要なものがあったら言ってね!と
個人的な連絡先を書き加える人も多いようです。

一時的に支援物資を届ける、というよりも
ひとつの家族がひとつの家族を支える
・・・という考え方が
自発的に広まっているみたいです。



1103293




現地ではペットや赤ちゃんのいる家庭など
箱の中身に応じてマッチングさせて
被災地の家庭に1箱ずつ配っていきます。

箱を持ってきてくれるのは
なんとポリスマン!!

警察も全面協力で
荷物の積み下ろしなんかも手伝ってました。


もともと一個人が始めた活動が
警察まで動かしてしまうなんて
さすがニュージーランド。


1103297



高齢者が高齢者を、というように
サポート対象をリクエストすることもできるみたいです。
そうすれば困ってることもニーズも分かるし
お互いの心も通いやすいですよね。


ニュージーランドという
小さい国だからこそできる活動だと思いますし
この箱が届けられるのは
クライストチャーチの、ほんの一部なので
本当にちいさな活動ではあるんですが
『ひとつの家族がひとつの家族を支える』
というサポートのしかたは
とてもいいシステムだなと思いました。






人気ブログランキング ←人気ブログランキング
 



\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ☆つれモナ☆の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

| 地震 | 15:12 | comments:29 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

No title

あ~いいなぁ。
いつもは、のんびりやさんの、ニュージーランドのみなさんが
いざという時さくさくっと。
なんだか、ぐっときてしまいましたとよ。

| cchan | 2011/03/29 12:36 | URL | ≫ EDIT

No title

頭のやわらかい方々の考えですね!!
日本人はマジメなのはいいんですけど、頭がかたすぎて。。苦笑
うちは子供がいるので避難所で子供を静かにさせ迷惑をかけたら
いけない・・という親の気持ちが痛いほどわかります。

必要なもの以外に、あたしだったら絵本とかおもちゃ入れちゃうな~
なんて思っちゃいました。日本の政府はおもちゃまでは考えつか
ないでしょうしね。

| りんご♪ | 2011/03/29 12:42 | URL |

No title

ほんとうにあったかくていいお話。
すごいなぁ。
お国柄なんでしょうかね。
おおらかであったかくて、素敵です。

思いやりと想像力って必要ですよね。

| ゆっこ | 2011/03/29 12:52 | URL | ≫ EDIT

No title

素晴らしいね。速攻で皆が動けるとこがいいね。現地でほしいものと送るものがちぐはぐで本当に必要としてる物資が届かないってこと多いからね。これいいよね。一つの家が一つの家を支えるのってさ、心温まる。小さい単位だけど国中が元気になれそうな気がするよ。NZ万歳!

| わか | 2011/03/29 13:16 | URL | ≫ EDIT

No title

日本にも似たようなものがあります…

タスキ・プロジェクト
http://117kibounoakari.jp/tasuki_project.html

ん~ちょっと違うかもしれないけど、でも、個人がある条件に一致する個人を助けるっていう点で似ているかなと。

私は自分の母親の年齢くらいの女性向けて小包作りました。

| Susie | 2011/03/29 13:25 | URL |

No title

とってもいいシステムですね。
必要な物をきちんと入れる事ができるのも親切です。
これだけしっかりシステムが構築されていたら
支援する側もされる側も、安心して受け渡しできますね。

Susieさんが紹介してくださっているタスキ・プロジェクトも素晴らしいですね。
震災を体験された方は、本当に必要なことが分かっていらっしゃるんですね。
さっそくお荷物を…と思ったら、ただいま小学生向けの支援品を受付中。
しまった、うちには子供がいない。
でも大人向けの物も必要ですよね。
ちょっとずつ荷造りして、いつでも送れるようにしておきます!

| mamalu | 2011/03/29 14:29 | URL |

No title

私も、本当に良いシステムだと思います。
必要な人に必要なものが確実に届く。
心もしっかり届く。
素晴らしいシステム!

Susieさんご紹介のシステムも同様に素晴らしい!
ご紹介ありがとうございます。
大震災を経験された方にしか分からないことが、沢山あるでしょうから、
サポート出来る側としても心強いです。
早速、準備を始めます。

| しろくま | 2011/03/29 14:53 | URL |

この方法といえば

途上国の1家族を日本の1家族が支援するシステムをテレビで見ました。間にNPOがいてお手紙を訳してくれたり、ネットで元気にしてる動画を送ってくれたりします。日本円で年間数千円ですしね。
こういうシステムは災害時にも出来ますね~。
寄付金もいいですけど、どこかにつかわれたなーと思うより、○○さん元気になったな~の方がなんかウレシーかもです。

| マキ | 2011/03/29 14:54 | URL |

No title

クライストチャーチ地震の救助活動の優先順位の時も思ったんですけど、ニュージーランドは本当に暖かい人達ばかりですね!

日本もこんな風に出来たらいいのになー。

なんだか気持ちがあったかくなりました(*´∀`*)

| のりたま | 2011/03/29 15:40 | URL |

No title

なんだか心温まるプロジェクトですね(*^_^*)
きっと受けとった方も、行政からシステム的に全く同じものをもらうより、送り手の気持ちの入った、こちらのほうがずっと勇気付けられると思います!

| MAYU | 2011/03/29 15:52 | URL |

No title

日本にもタスキプロジェクトという
素敵なことやってる団体がありますよ。

個人対個人のプレゼントですけど。
先日参加しました。

| だっくな嫁 | 2011/03/29 16:27 | URL |

No title

いいアイデアですね。ニュージーの人の優しさが感じられます。
タスキ・プロジェクトのことも、テレビで見て「いいなあ」と思ってました。役に立つものが、適切に早く届くんじゃないかな、と。

都庁で受け付ける物資は決められていて、私も他にも必要なものがあるだろうになあ、と思ってました。
でも、大雨の中、たくさんの人がオムツや生理用品を持って来ているのを見て、東京も捨てたもんじゃない、と思いましたよ。
義援金の箱も、たくさんのお札が入っていて「がんばれ!」の声が伝わってくるようでした。

動物に対する援助物資や義援金も募集が始まってます。
置いてかれたのか、はぐれたのか、彷徨う犬がたくさん保護されているようです。避難所では他の人に迷惑にならないかと気を使って飼い主さん達も、とても大変なようです。

援助物資や義援金を送ったりしか出来ないでいますが、相手にメッセージが直接伝わるような こんな方法はとても素敵ですね。

| ポコママ | 2011/03/29 16:39 | URL | ≫ EDIT

No title

ニュージーランドの人たちの活動も素晴らしいですね。

今回の地震に関してはあたしの住んでいるタイでも義援金の運動が広がっています。あたしも今度かかわることになったので上のロゴを使わせてください。
よろしくお願いします。

| バンコク愚連隊 | 2011/03/29 17:09 | URL | ≫ EDIT

ナイスアイディア!!

これ、いいですね!!
日本でもやったらいいのに
私やりたいです

| mayu@sapporo | 2011/03/29 19:25 | URL |

No title

いいシステムですねぇ。
またポリスマンの写真もいい感じですね。

mixiでも個人でやり取りができるような書き込みがあります。
うちには補聴器をつけている子どもがいるので、補聴器の電池大丈夫かなって思っています。

| かのん | 2011/03/29 19:46 | URL | ≫ EDIT

No title

素敵なプロジェクトですね!
心がとっても暖かくなりました。

日本の、タスキプロジェクトも、いいですね。

なんか、優しさの輪を感じて、嬉しいです。

| かのこ | 2011/03/29 19:53 | URL | ≫ EDIT

素敵です

はじめまして。いつも読んでいます。
日本でもぜひ取り入れてほしいです。
これなら私も助けられる!と思いますし 本当に必要な活動と思います。
私のブログにも掲載させてもらってもいいですか?

| alto母 | 2011/03/29 21:30 | URL | ≫ EDIT

No title

私も、国内版フォスターペアレント制度あったらいいなあ、と思いました。
あと、地震に関係なく、経済的な理由で進学を断念してしまう青少年にお金を出し合う奨学金制度とか。
こゆことって、アイデアと実行力なのですね。

| ちょび(@chobi_shepa) | 2011/03/29 21:34 | URL |

>alto母さん

いつも読んでくださってありがとうございます。
もちろんOKですよ!
じゃんじゃん載せてバンバン読んでもらってください。(*゜▽゜*)

| きなこ | 2011/03/29 21:45 | URL | ≫ EDIT

No title

私の職場は新大阪から歩いて10分くらいのところにあって、
朝の通勤時には、ホテルをチェックアウトした外国人(主に中国人)観光客をたくさん見かけます。
それが、地震のあとは全然、さっぱり見かけません。
きれいさっぱり、ひとりもすれ違ってません!
地震に加えて原発問題で、これからもっと観光客は減るんでしょうねぇ。
これから桜の季節ですのに。
残念だなぁと思っていたところに、このサイト!
早速、拙宅にバナー貼り付けさせていただきました~。

| kei | 2011/03/29 23:43 | URL | ≫ EDIT

No title

このアイデア 実にすばらしい
日本でもやればいいのに
とりあえず募金箱を見たら募金してます。
小銭だって積り積もれば大銭になる!

| mike | 2011/03/30 00:21 | URL |

No title

日本もやってますよね!
タスキプロジェクト!
私も参加するため、今中に入れるものを集めています。
日本にも広がるといいなぁ!

| mill | 2011/03/30 07:57 | URL |

No title

私も見ましたタスキプロジェクトのサイト、
こちらは、家庭と家庭ではなくて、個人と個人といった感じです。
どちらにしても、とても素敵なことだと思います。
人を思いやる気持ちは、国が違ってもみんな同じですね。

| 55スマイル | 2011/03/30 09:59 | URL | ≫ EDIT

No title

いいですね。
家族が家族をささえるって
すばらしい考えだと思います。
今のところ募金しかできないので。。
恥ずかしながら「タスキプロジェクト」コメントで知りました。
これなら私でも参加できます。
積極的に参加しなくては!

いろいろな支を活動を見聞きするたび涙が出ます。
自分でもうまく表現できない感情なんですけど。。
人と人のつながりってスゴイ!と感じます。
もう国も関係ない世界規模でのつながり
いつも感謝しています。

| さや | 2011/03/30 11:05 | URL |

No title

あったかい活動ですよね。
ニホンのタスキプロジェクトもいいですね。
小学生用の学用品を準備ちうです。
タスキ送付表は印刷済みです^^。

Face book登録したんですけど、
まだなんだか良く分からないですー(泣)
がばりまふ。

| うらりー | 2011/03/30 11:34 | URL | ≫ EDIT

No title

なんとも素晴しい!
じーんとあつくなりました。
タスキプロジェクト↑?
チェックしてみます!!!

| JJ | 2011/03/30 14:39 | URL | ≫ EDIT

感動

はじめまして。

グアム在住・・・バブル世代の主婦です。

KAZUさんには、本当に感動しました。。
そして、
ニュージーランドの皆様の行動力にも感動です。

| あさこ | 2011/03/30 16:23 | URL |

タスキプロジェクト

コメント欄で教えていただいて、さっそく見てきました。
いいですねー、タスキプロジェクト。
http://117kibounoakari.jp/tasuki_project.html

現在は小学生向けの支援品を募集中だそうです。
小学生のお子さんがいらっしゃる皆さん
どうぞよろしくお願いします。


大きな災害には国際規模の支援とか
大規模な動きが必要なのはもちろんですが
一方でこういう個人対個人の
顔が見える支援も大切だと思います。

それが自分と同じ立場や環境にいる人なら
気持ちも伝わりやすいし
遠くで起きた災害を「自分のこと」として
ちゃんと考えられると思います。

500Friends は1回のプロジェクトで終了みたいですが
できればタスキプロジェクトのように
何度も続けて行ってもらえたらいいなと思います。
・・・なんて、私が言っててもしょうがないんですが。

でもきっとKiwiの人たちは
形がちがってもまたやると思います。

どこの国の人も、考えることは同じなんだなあと
タスキプロジェクトの事を知って
すごく温かい気持ちになりました。

自分にできることって、ほんとにいろいろあるんですね。

| きなこ | 2011/03/30 17:19 | URL | ≫ EDIT

バナー、使わせていただきます

初めてコメントさせていただきます。
いつもとても楽しく読ませていただいています。
ワンちゃん達の記事もそうですが、情報の早さとか幅広さとかがすごいです。

Visit and Support Japan 2011、私のブログでも紹介させていただき、Kayさんデザインのバナーも使わせていただきました。
この活動、どんどん広まると良いですね。

| にゃんまま | 2011/04/01 10:15 | URL |














TRACKBACK URL

https://clubmonaka.com/tb.php/1693-5ca38e47

TRACKBACK

こちらもオススメ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT