☆つれモナ☆

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ユゲ大調査





先日、カレーうどん鍋を作った時

湯気はシアワセの象徴、と
東海林さだお氏も言っておられました。


・・・と書きましたが
元ネタはこの本です。



偉いぞ!立ち食いそば (文春文庫)


この中の「湯気学」という章。

ココに面白いことが書いてあります。
曰く
国民総生産(GNP)ならぬ
国民総湯気量(GSP) *SはSteamのS
・・・は、日本がダントツで1位なのではないか。

食卓において湯気が上がっている率は
おそらく日本が圧倒的に高いのではないか。

中華まんを蒸してる湯気とか
屋台のおでん屋の湯気なんかに
ついフラフラと引き寄せられてしまうのは
ありゃ日本人だけなのじゃあるまいか。

ていうかそもそも英語では
湯気も水蒸気も「steam」らしいけど
でもそこのところはビミョーに違うのになあ。

・・・みたいな考察があって
あ~たしかに!! (゜0゜*)
と思いましたです。


1007041


あとねえ。

食べ物が「熱い」
ということにこだわるのは
日本人ならではかもしれない、とか。

韓国とか中国にも
鉄板とか石焼きとか鍋とか
アツアツハフハフ料理はありますから
まあ「日本だけ」とは言えないかもしれませんが。

でもそういえば宮中晩餐会なんかでは
フーフー言いながら食べることはないし
手を使って食べるインド料理なんか
あんまり熱いとヤケドするだろうし。

・・・みたいな考察もあって
あ~ナルホド! (*゜。゜)
と思いましたです。


1007042


いや別にクイズではありませんけども。

海外在住、もしくは海外の方が身近にいらっさる
「つれモナ」読者のみなさんに聞いてみたい。

その「日本ではない国の方」は
食べ物が熱いこととか湯気とかに
ありがたみを感じてる感じですか?


(注1)この場合の「湯気」は食べ物の湯気に限定します。
温泉の湯気とかはまたちょっと別。
(注2)「熱い」というのは日本人の感覚でアチチッ!ていう
まあ例えば揚げたての天ぷらとか鍋焼きうどん並の熱さ。


わたしの予想としては
アジアのどっかに分岐点がありそうな気がしますが
さてどうでしょう。

コメント欄にどしどしご意見お寄せ下さい。








結果は後日ハピョー。(の予定)
人気ブログランキング ←人気ブログランキング
・・・・どどどうかな・・・?


あ、あと食べ物から立ちのぼる
あのシアワセな「湯気」もやっぱりSteamでいいの?






\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ☆つれモナ☆の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

| 雑談 | 12:46 | comments:65 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

No title

オージー料理の基本、バーベキュー! ソーセージとか焼けたら皿にジャンジャン盛って「皆が来る前に焼いておこう!」っていうスタンスが強いですよね。ステーキにしろロースト料理にしろ「お~ 湯気が上がってて、美味しそう!」って感覚、見たこと無いに等しいです。

中国、韓国、(もしかしてモンゴル)、ロシア(なんとなく。寒いから?)、日本 このあたりが「湯気が立ってる~。美味しそう~」的なのかしらと思った次第です。

そうそう、湯気と水蒸気は日本語としては違うけど、英語ではsteamでくるまれちゃって、「ちょっと違うんだけどなー。」って思います。

| でぶねこ | 2010/07/04 10:02 | URL |

No title

中国のかたは、熱々が重要というお話をうかがったことがあります。

日本の航空会社が中国行きの飛行機を成田で出せなくなり、乗客が足止めをくらったときに、サンドイッチと冷たいジュースをだしたら、扱いがぞんざいだということで騒ぎになったということです。
その後は、カップラーメンと暖かいお茶も出すことになったそうです。

伝聞なので本当なのかはわかりませんけれども。

そういえば中華街でも盛大に湯気を出して店頭販売しているお店が多いですよね。

| mi | 2010/07/04 10:06 | URL | ≫ EDIT

熱々命。

香港在住です。
湯気というよりも、熱々のほうが重要視されているような、、、。
熱々=出来立て、作りたて、コンロから直送!というイメージなのでは、と思うのですが。
料理は作りたてを食べるもの、つくり置きなんて駄目ということなんだと思います。

| ゆき | 2010/07/04 10:56 | URL |

絶対東南アジアから~

KAYさんの所から飛んできました~。

ワタシはシンガポールで~~す。
ワタシもつねづね思ってた~!!何でヌルイの?!って。

シンガポール&アレーシアでは日本人通称『ぶっかけご飯』があります。中国語では『経済飯』と書いてあります。

おかずがザ~~~と並んでいてその幾つかのおかずをご飯の上にかけて食べます。
日本みたいに『温めますか?』なんて聞いてくれません。

モチロン、カレーも野菜炒めも冷たいです。
かろうじてご飯が少し温かい・・・程度。

ワタシはそれが嫌いです・・・
まず冷たいこと!!そしてご飯の上で全ての味が混ざってしまうこと(日本は一皿一皿づつおかずが別でご飯にドバーってかかっている物って限られますよね・・・カツ丼とかあるけど1種だし)

まず外が暑いので、冷房ガンガン効いているし、温かい物がすぐ冷める!!
それが湯気に対する執着が無くなった原因ではないかと思ってしまうワタシです・・・

それと辛い物は温かいともっと辛く感じられるので多分カレーが入っている国くらいで分かれるのでしょうか??
アッ、でもタイのトンヤム鍋(みたいなのがあった・・)アレは熱かったわ~~!!

面白い。改まって考えたこと無かったけど!!

| オグ | 2010/07/04 11:14 | URL |

いろんな湯気

北京に住んでいた頃、早朝の汽車におにぎりを持ち込み途中でむしゃむしゃしていたらば、まわりにいた団体(from上海)からたいへん笑われた記憶があります。曰く、そんな冷たい米の塊を食べる気がしれない、と。
上で香港の方もおっしゃっているように、たしかに食事は熱々でなんぼらしいです。

もう十数年前のことですが、そいえば、厳冬期に道ばたで蒸篭から湯気があがっているところ(@北京、成都、ウルムチ、ハルピンetc.)に引き寄せられていた人民は多数だったとおもいます。あと、ドラム缶調理台の上の鍋からあがる湯気、道ばた火鍋の唐辛子な湯気も。
いろんな湯気に惹かれてたなぁ。

| ivrogne | 2010/07/04 11:19 | URL |

日本在住ですが・・・

中国は冷たいご飯はありえなくて戦争中もこだわったて聞いた気がします。

個人的に気になるのはビール冷やす冷やさない派閥
ぬるいビールなんて飲めるか!
イギリス、中国はぬるいイメージだし、
こないだ暑い日に、日本のタイ料理屋でぬるいのが出て文句いいそうになりました。
言って良かったのかな~。店員さんが現地の人多数だったので迷って・・・。
でも南国で冷たくないって

| しーな | 2010/07/04 11:22 | URL |

No title

当方、タイのバンコク在住です。
熱々で湯気がモクモクなんてのはタイの人は食べません。
だって「熱いから」(←本当にこう言われたことがある)

華僑が国民の半数を占める国なので、頑なに中国式の生活を守ってらっしゃるお宅(中華街あたりに住んでる人たち)は違うかもしれませんが、一般的なタイの人たちは熱々のものや湯気もうもうには特に価値を感じてないもようです。

つか、「なんで日本人はあんなに熱いもの食べれるの?」って言われちゃったし。

上でトムヤムが熱かったと書かれていた方、ラッキー!もしくは中華式のお店だったのかも?大抵は下から火で温めながら持ってくる料理でも、なんとなく温いです。日本人には物足りない感じ。

| ももたん | 2010/07/04 11:56 | URL |

初コメントです

オーストラリア在住です。
このくそ寒い(失礼!)のに、サンドイッチとか食べられるか、と常に思っています。
ピザもそういう意味でアウト。デリバリーしてもらっても何となく寒い感じがして。あり合わせで鍋を作って食べてますよ。
上あごに熱々のフライの衣がひっついてべろんとめくれる、こういうのはこちらでは体験できません。

| kaorin | 2010/07/04 12:12 | URL |

温度にもおいしさが

なるほど!と思いました。アジアのこだわりかもしれませんね、湯気。
・・・と一方で思い出したのが、イギリスのホストファミリーのこだわり。
3軒滞在した中、2軒のホストマザーは(残り1軒は一人暮らしのお姉さん家だったので・・・)、
「料理を暖かいお皿で食卓に提供する」ことに、たいへんこだわりを持っていました。
必ずオーブンの中にみんなのプレートを入れて、余熱で温めてから食卓に「あつつ!」なプレートを各自のマットに置いてました。
日本では食器そのものを、日常の食事で温めることなんてしないので(しないですよね?)、わりとびっくりしました。
私がたまに食事を作った時、お皿によそおうとしても
「Kyoko!お皿が冷たいままじゃないの!」と、温めさせられましたもん・・・。
「あつあつ」の料理は別にこだわりないけど、「あつあつ」のお皿にこだわりを持つって、不思議な気も。「暖かい」のが好き?

| きょうこ | 2010/07/04 12:14 | URL |

No title

マレーシアです。

こちらも熱々にありがたみを感じてる風はないですねぇ。
確かにあったかいおつゆの麺もありますし、海鮮鍋もあるんですけど。
『このつゆはぬるくてダメ!』と思ってる人はまったくいない、
ってかおつゆの麺もお持ち帰りするし、温めなおさないし。

あぁぁっ、今思った。
ここはマレー・中華系・インド系の3民族が主にいるんですが、
中華系のご飯には熱々ものが多いような気が。。。
(気がするだけ)

どうも東アジアと東南アジアの境目辺りにありそうですねぇ。
熱帯とか温暖湿潤とかそんな感じのなんとかの違いで。

ちなみに家の旦那さんはマレーですが、熱々スープ好きです。
でも出来立てご飯のありがたみはわかってません。
『ご飯だよー!』って呼んでもすぐ来ないと怒る私を、
『熱々を食べさせてあげたいから』ではなく、『作ってやったのに
すぐ来ないとはけしからん!』から怒ってると絶対思ってるはず。
ま、それもあるんですけどー。

| ヤスミン | 2010/07/04 12:15 | URL |

カナダ在住です

夫、カナダ人ですが、熱々で湯気がたってるのにはあまり価値を見いださないみたいです。

作り立ては今すぐ食べてほしいのが料理人の本音ですが、ネコ舌だからと冷めるまで待たれます。夕飯の残り物なんかも加熱しないで食べたり、ピザの余り物もそのまま食べたり。ラーメン作って張り切って出したら、冷めるまで待たれ、麺がのびました。むなしかった。。。

私の父(日本人)からは、みそ汁とお茶は熱く!とつねづね要求されてたのですが、こちらでは何だか物足りないですね。日本やアジアの国だけのこだわりなんですかね。

| さくらんぼ | 2010/07/04 12:36 | URL |

No title

うちの義姉二人(KIWI)は「スープ、コーヒー、紅茶は熱くてなんぼ」な人たちですね。猫舌な私が3スプーン目のあたりで義姉たちはスープ完食してたり私が1/4に到達するあたりでコーヒー飲み干してたりします。でもこだわってるのはそれだけですね(笑)

別に熱くしろってわけじゃないんですが私の周りでは残り物のキャセロールをレンジでチンせずに食べる人が多くていらっとします。それは暖めておこうぜ…と。本人達に言わせれば冷たくてもおいしいらしいですがそれは猫舌な私でも許せない…。

| いのり | 2010/07/04 12:39 | URL |

バルセロナでは

バルセロナ在住です。

レストランではパエリアは出来立ての熱々の鍋を
「こんな感じで出来上がりましたが、よろしいですか?」
という感じで見せてから、人数分のお皿に分けてくれます。
その人の好みの熱さになるまで(冷めるまで)おしゃべりしながらゆっくり食べますが、日本人の私たちは熱いものは熱いままで食べたいので、ハフハフいいながらすぐ食べます(笑)
実はおしゃべりに夢中で、
あら、冷めちゃったわ
なのかもしれませんが(笑)

| YOKO | 2010/07/04 12:47 | URL |

はじめまして

コメント残すのは初めてかと思います。
いつも読み逃げしています、、ごめんなさい^^;
今私は日本に留学に来ている子たちと生活しています。
かれこれ11カ月経ちますが、やっぱりアジア系はあっついときに食べな!!!!!というガッツリな雰囲気があります。
欧米系の子たちはどちらかというと冷めてても普通に食らっていますね。肉とか冷めてて旨いのか?!とよく思うんですけど、先日ゆうさんのメルティングポットを読んでて、欧米の人たちって再び火を通して食べるってことはあまりしないんですね。私、留学生(アメリカ人)がカレーを作り置きして温めてるの見てるからちょっとびっくりで。イギリスとアメリカの違いなのでしょうか?笑
長文失礼しました^^w

| ここ | 2010/07/04 12:52 | URL | ≫ EDIT

No title

いつも楽しみにしています。

ドイツ在住です。
ドイツ人って、何だか猫舌の人が多いと感じます。
湯気のたった食べ物はまだ見たことないし、ビールだって、
日本のようにキンキンに冷えたのは無いし・・・

いつの間にか、私も猫舌になってしまいました。

焼きたてのソーセージでさえ、それほどでもないような・・・
興味の惹かれるテーマです。

| 太巻き | 2010/07/04 12:54 | URL | ≫ EDIT

韓国です。

韓国、ソウル在住です。
もちろん、熱さにはこだわり大の韓国料理。
この暑さにも負けず、あちこちでハフハフしています。

| @mcyst | 2010/07/04 13:18 | URL | ≫ EDIT

初めてコメントさせていただきます。

以前アメリカに留学中、コーヒーショップでコーヒーを頼み、砂糖を入れようとしたらちょっと手にかかったので思わず『アチッ』って言ったら、近くにいた人に『Are you OK?』って心配されちゃいました。
後から考えたら、英語の『Ouch!』に聞こえたのかなf ^ ^ ;
・・・と全然関係ない話してすみません。。。

アメリカは基本ぬるめが多かった気がします。
かなり昔、某ハンバーガーチェーンのコーヒーが熱すぎて火傷したってだけで訴訟になったらしいですからね。。。(お客が勝訴したらしいです!)
それ以来、マク○ナルドのコーヒーはゴクゴク飲めるぬるさになってしまいました(> <)

| AquA | 2010/07/04 13:34 | URL | ≫ EDIT

No title

おとなりAusです。
シティにあるラーメン屋さん、スープがぬるかったらしいので聞くと「熱くて舌火傷した!」と苦情があったためだそうです。訴訟の国だししょうがないのかなー。熱いものは熱いんだ。フーフー言って食うんだ。
あと、ラーメンとかすする音も嫌いなよう。熱いとすすりますよねーズズーッと。
うちの旦那は冷めるまで待ってパスタのようにうろんを召し上がります。なのでやつにはもう出さない。
熱くない飯なんて飯じゃない。

| ふぢ | 2010/07/04 13:51 | URL |

No title

きなこさん初めまして。
オーストラリア人の夫が居ます。私は熱々にとて~もこだわっていますが、湯気が出ていかにもおいしそうに見えるご飯をあえて冷ましてから食べてくれます。熱いから食べられないと。。。日本のラーメンなんて一度食べて以来、二度と行こうとしません。。。

| tomoko | 2010/07/04 14:27 | URL |

No title

はじめまして。中国在住です。
中国の人たち、「熱々が好き」というよりは、「冷たいものはダメ」と感じます。

上の方が書いてましたが、おにぎり。昔、中国人の幼稚園の先生が日本の幼稚園を視察しに来て、おにぎりを食べる園児を見て「あんな黒くて固そうで冷たいものを食べている。日本の子供はかわいそう」と言ってました。
漢方的な考えで、冷たいものは体を冷やすからダメ、というのもあります。あと、火を通さないと、腹こわしますからね。

しかし、今では食生活も変化し、中国人は昔は生モノは絶対に食べませんでしたけど、いまじゃ寿司刺身、大好きです。ビュッフェは刺身コーナーに真っ先に行きます。都会のコンビニじゃ、おにぎりも売ってます。あ、でも、生肉(ユッケとか)は苦手という人がまだ多いですね。

私的な結論としては「中国人。冷たいものは基本ダメだけど、寿司刺身は別腹」です。

| cathrine | 2010/07/04 15:17 | URL | ≫ EDIT

台湾在住です

ご無沙汰しています。
私は台湾在住ですが、台湾の人はどうやら熱いものも冷たいものも好きなようですが、湯気にはこだわってないように見えます。
私の友人達は夏場、がんがんに冷房の効いたレストランで熱い鍋を食べるのが好きだし、冷菜や冷スープ、カキ氷も好きなので、中国の方たちとは違うのかもしれませんね。

| サキ | 2010/07/04 16:46 | URL | ≫ EDIT

No title

ロンドン在住です。フィッシュ&チップスとかパイとか、茶色(揚げ物)のアツアツ系はけっこうあるかもしれません。ピザとかグレービー・ソースのコマーシャルにも湯気が合成されていると思います。

| いぬ | 2010/07/04 16:49 | URL |

イタリア語に「猫舌」はない

以前、イタリア語の先生と話していたときのことです。
私は猫舌なので、「日本では熱いものを食べられない人のことを猫舌という。イタリア語ではなんというか?」とたずねたところ、しばらく悩んだ挙句、「特にそういう人を指すコトバはない!」と言われました。

考えてみると、イタリアで食事したときに「熱くて食べられない」という食物はありませんでした・・・

あと、中国人は熱い朝粥が原因で胃がんが多いと聞いたことがあります。

| bluegene | 2010/07/04 18:26 | URL | ≫ EDIT

No title

湯気とは違うのですが、食文化で驚いたことを何点か。

以前、日本の大手電気製品メーカーの白物家電を海外で発売する際の広告ツールをつくる仕事をしていたのですが、まぁ、売れないだろうな・・・と実感しました。

・炊飯器
熱々のごはん、もしくはいかにご飯がおいしく炊けるかについてこだわるのは日本人だけ。
→炊飯器につけるレシピブックをつくったのですが、ご飯ものは一点、ココナツライスのみ。あとはケーキとか、ビーフシチューとか、こりゃ炊飯器でつくらんだろう、というレシピが30点あまり。
→販促ツールをつくるにあたっても、ご飯がおいしい!というのはまったく琴線に触れないようで、セールスポイントがなく、苦心しました。

・冷蔵庫
→おさしみがおいしく解凍できる、というのも、まったく興味がない様子。冷凍ご飯がおいしくできる、なんて、もってのほか。
ご飯や鮮魚について、いかに素晴らしい機能を持っているか、ということをあらわす言語もない模様。

非常に苦心しました。
炊飯器(これはシンガポール向けツール)でつくったレシピは、ココナツライス以外、こりゃもう本当にまずかったです。

以上、長文失礼しました。

| marikhmer | 2010/07/04 18:40 | URL |

スペインでは

スペイン人は熱いもの食べられないらしいですね。
熱いスープ系が一番ダメらしいです。
辛いものもたべられないんだけど。

欧米人というのは、できたてアツアツを喜ぶよりも、全員がそろうことが大切というところがありますね。
だから、おかーちゃんが『みんなアツいうちに先に食べてて』的なことはあまり言わないというか、言ってもみんな待ってるというか・・。

| もも | 2010/07/04 18:48 | URL | ≫ EDIT

No title

台湾に住み始めて間もないのでよくわかりませんが、
小龍包とか肉まんとかアツアツで湯気が出てる物が
結構あります。
鍋料理屋さんや鉄板焼き屋さんも結構ありますし。
湯気が出てるように見える看板も時々あります。
でも、ジューススタンドやかき氷屋さんが多いのも確かです。
熱い物で汗かいて冷たい物でクールダウン?

| mint1828 | 2010/07/04 18:50 | URL |

香港です

こと中華系の料理に関しては、温かくあるべきものと冷たくあるべきもの(前菜などは冷たいものが多いです)があり、そのルールがハッキリと存在しているように思えます。
香港も暑い気候の場所ですが、お粥でも麺でも火鍋でもスープでも、フーフーとやりながら食べます。

ただ、湯気に対して日本人ほどの情熱(と言うか愛情、思いいれ)があるかと問われると、ないとは言い切れないと思いますが、ちょっと分かりかねます。立ち上る湯気よりも、断然食べ物の方に注目していると、香港人を見ていると思えます。

ブルガリアのスキー場では、どこで頼んでもスープがぬるかったです。(そこにあるキッチンで作っているにもかかわらず)
スープを頼むときには、「Please make it really, really hot.」とお願いしていました。

| bonbon | 2010/07/04 19:05 | URL | ≫ EDIT

Kalt essen

ドイツはベルリン在住です。

ドイツ語に『Kalt essen』という言葉があります。

   Kalt=冷たい
   Essen=食事

えぇ、読んで字の如く、『冷たい食事』の事です。
主に、パン(黒パンメイン)にハム、チーズなどの
調理不要の冷え冷えの食事です。
で、それが伝統的?なドイツ人の夕食です。

メインは昼食らしいんで、お昼はパスタとか、
肉とか,けっこうがっつり食べるらしいんです。

でもって、夜はそんな超手抜きの食事です。

最近は、夜暖かいものを食べるドイツ人も
増えてるらしいですが、基本的には、そんな
冷え冷えの夕食らしいです。

夜は、暖かいものとか、ちゃんとしたもの食べて
のんびり、くつろぎたいじゃんね?
という、そんな発想はないらしいです。

ま~、なんせ、食に関しては、お世辞にも
オイシイとは、言い難い国なんで。。。泣

とりあえず、ビールはオイシイです。
ま、ドイツなんで。。。

| AKI | 2010/07/04 19:17 | URL |

ブラジルサンパウロ

湯気はどうでもいいみたいですよ。
でも熱いかどうかというのはちょっと気にするみたいです。

真夏でもコーヒーは熱くないといけませんし、
シュハスコ(ブラジル風バーベキュー)の肉は
しゃべるのやらビールが忙しくて冷めちゃうと
もう熱くないからって食べなかったりします。

暑い時は冷たいコーヒーを飲んで
シュハスコの時は焼きたての肉に集中するのも
人生における選択の一つじゃないかと思いますけど。

| カエル | 2010/07/04 19:28 | URL | ≫ EDIT

No title

スイス在住です。
湯気はほとんど見ないですね。 冬場のスープぐらいかなぁ。
それでもアツアツではないです。 フォンデュは結構熱いですが湯気が出るほどではないし。
レストランではお皿は火傷するほど熱くして料理が冷めないようにしていますが、料理自体は今まで舌を火傷するほど熱かったことはありません。
ああ、豚マン食べたい!

| はすりん | 2010/07/04 19:31 | URL |

No title

私は日本から出たことがなく、外国人の友人もいなく、コメントできません。。。。つれもなコメンテータさんがワールドワイドなのにびっくりです。

↑以前、ドイツに留学していた、という人がいて、「あの国の人は、ご飯に美味しいとか、癒される、とか、ご飯を食べて楽しい、ということを求めない。ご飯は単にエネルギーを補給するもの、という考えが強いんです。」私はご飯=楽しいもの、という食いしん坊なので、まったく信じられない、という感じだったので、びっくりしました。
そうですよね、世界は広いんだから、そういう人たちがいてもおかしくはない、とは思うのですが。。。でも美味しいほうがいいじゃん。

アイスくん、洗うと湯気が出るんですね。なんか、カッコイイです。

| やん | 2010/07/04 19:33 | URL | ≫ EDIT

タイレストラン

NZのタイレストランで、バイトした時のことです。
食器を入れておく戸棚にオーブンと同じ熱線?がついていて常に食器を温めていました。
たまに、食器が温まる前にお客様がいらした場合、ディッシュウォッシャーで食器を洗い熱々のお皿を使ってました。
若しくは、電子レンジでチンしてました。
タイ人のシェフのこだわりは、熱い物は熱々で提供することで、ライスをよそうのも料理の出来上がりに合わせなくてはならず、シェフから目が離せなかったことを覚えてます。

| azy | 2010/07/04 20:27 | URL |

No title

おはつでお邪魔します。
いつも楽しく読ませていただいてますがコメントは初めてです。
すごい面白い議題ですね。

っていうか、目からうろこが落ちました。
すごい心当たりがある!
私、仕事の関係でアジア+オセアニアに行くんですが
オーストラリアのご飯がとにかく嫌いで。(在豪の方すみません。)
毎回何日か目に、「お願いうどん食べさせてください!」って
思うんですよ。

日本食がそんなに好きだったのかと思ってたけど
あれは、知らず知らずに湯気を求めていたのかもしれません。。
あーそうかも。なんだーそうだったのかー。

ちょっと議題から外れてしまいましたが。
私の経験では、ご飯が湯気とともに出てくるのは
中国、香港、台湾、韓国そして日本。以上?
華僑系の方と仕事をしていることが多いので、他の国で
中華料理に連れて行ってもらったときはとりあえず除外です。

東南アジア、オセアニアは、湯気のイメージはありませんね。
インドも熱々ではなかったなー。みんな手で食べてたし・・・。

| りく | 2010/07/04 20:53 | URL |

No title

ドイツ在住です。

レストランで、ハフハフしながら食べてる人って見たことないような。
スープもスプーンをぱっくり咥えるような感じで飲んで(食べて?)ますし。
日本でズズッと音を出して汁をすするのは、熱さの違いなのか?なんて思います。
白アスパラを食べた時も、茹でたてらしくとも「熱々」というより「温かい」。そしてお皿も温かい。


あえてそうではない!というのはお祭りなどの時に出る屋台料理くらいでしょうか。
マッシュルームの炒め物やウィンナーは作りたてを渡されるので(笑。

| ぺっぺ | 2010/07/04 22:19 | URL |

ドイツ人@日本

職場のドイツ人の女の子は、
やはり夜は簡単に済ませるけど、
お昼は温かいものを食べたい、
ということで、お弁当ではなく、
喫茶店のランチを食べに行きます。

冷たいお弁当があまりお好きではないらしい。
でも、熱々をありがたがるかどうかは怪しいですね。

とはいえ、アラビックとドイツのご両親をお持ちで、
典型的なドイツ人かどうかはわかりません。

| rururu | 2010/07/04 22:20 | URL | ≫ EDIT

No title

クライストチャーチ在住です。
2度目の書き込みです。
NZなので書き込む必要も無いかもしれませんが・・・
初めてNZでBBQに呼ばれたとき、びっくりしました。
ホストが一人で屋外で全て焼いて皿に盛ってダイニングに運び込み、ゲストはポテチなんぞを食べながらのんびりTV鑑賞、全てが焼き終わった後にそれぞれが皿に好きなものを取って、飲みのしゃべりのTVみぃのでした。
もちろん、食べる頃にはほとんどの物が冷え冷えでした。
焼きたてを皿に取って、お庭でホフホフしながら食べるとか期待していたので、「これじゃビュッフェと変わらないじゃん、料理している場所がキッチンから外に移っただけじゃん、皿に掃除が面倒くさくなった上にガスをガンガン使ってるだけじゃない。」と思ったのを覚えています。

しかし、ホームステイしていた頃、ホストペアレンツ(KIWI)は、いつも皿をオーブンに入れて温めていたし、料理ができたら直ぐ食事にしてました。なので、食事はいつも温かかったです。

元フラットメイト(英&KIWIカップル)は買ってきたフィッシュ・アンド・チップスをオーブンで温め直していたりしてました。

カナダ人のフラットメイトは、作りだめしたパイとかをチンして食べてますし、アジア外でも温かい方が良いという気持ちはあるようです。

たまたま私の知っている人たちがそうだっただけかも知れませんけど。

湯気に関してのコメントは聞いた事ないですね。

| とも | 2010/07/04 22:27 | URL |

おフランスでは・・・

フランスからの意見がないので初コメントしてみます

猫舌な人が多い割には、
あまり熱くない料理を出すと、やれ料理が冷めて凍っているようだったと文句を言う人が多いです。

アチアチのラーメンを前にして、ある程度冷めるまでじっと待っているフランス人。
食べる頃にはうどん状。

| ふらくら | 2010/07/04 23:20 | URL | ≫ EDIT

No title

いつも楽しく読ませて頂いてます!

現在上海在住ですが、やはり食べ物のアツアツ具合にはこだわりが
あるような気がしますね。
街中の“饅頭スタンド”も湯気モウモウだし、真夏でもコンビニに
おでんあるし。 ←関係ない?

あと、上でどなたかがおっしゃってますが、飲み物に関しては冷たいものは
お腹を冷やすからあまり飲まないようで。特に年齢層高めな方々。
ビールも“冷たいの!”って言わなきゃ常温が出て来るのでメンドクサイです。

| ひぃ | 2010/07/04 23:47 | URL |

シンガポールです

年中暑いシンガポール。
こちらの人、ホーカーという屋台みたいなところで
平気で熱い麺類食べてます。

でも、フウフウとか言わずに麺類を一度レンゲにのせてから
口に運ぶんです。
その工程でかなり冷めてますので、日本人ほどアツアツを好んでるわけではないみたいです。
けっこう涼しい顔して食べてますから~。

今日本のラーメン屋さんが続々と出店してきてて、
シンガポーリアンにも欧米人にもすごく人気なんですけど、
特に欧米人はゆーーっくり食べてて(絶対麺がノビてます)
シンガポーリアン(中華系)は早めに食べきってます。
アジア人、欧米人の違いは明らかです!

| ななこ | 2010/07/04 23:56 | URL | ≫ EDIT

初コメします☆

日本人で日本在住なんですが、
私スッゴい猫舌で湯気が立ってるものにはあまり惹かれないんです(´_`;ゞ

ハフハフと同時に火傷します…
なので湯気でてるとヒィ~!ってなります 笑

コメント読んでてなんとなく海外の方って猫舌な人多いのかなぁー?って思いました(^_^)

それか、礼儀作法とかの関係でフーフーするのが良くない地域もありそうな・・・

考えると面白いですね!

何の参考にもならないコメでごめんなさい(>人<)
どんな結果になるか楽しみにしてます♪

| パープルおじさん | 2010/07/05 00:02 | URL |

湯気の魅力

みなさんのコメントを拝見すると、湯気に魅力を感じる人種は意外に少ないみたいですね。
ということは、うどん屋さんの入り口とかにある、大きなどんぶりの麺を箸で上げ下げしている立体的な看板(?)…湯気の出ているやつ。
あれを見て、ついお店に入りたくなるって事もないんだろうな。
熱々のお好み焼き食べて、翌日「上あごの皮がべろんべろんになった!」と少々自慢げに話すことも!

集計結果が楽しみです。

| dekochan | 2010/07/05 00:26 | URL | ≫ EDIT

No title

中国1年+現在台湾在住4年です。

中国語では「熱食」という言葉があって、中華系は麺やら鍋やらで「熱食」だけど、日本人はおにぎりや弁当や寿司で「冷食」だといわれてます。
確かに自分も含めて日本人はアツアツにこだわってますけど、あちらの人からすると、日本人は逆だと思われてるみたいです。

ですが、台湾ではどんな食堂でもテイクアウトが可能で、多くの人が利用してますし(麺がのびることや、つゆが冷めることも気にしていない)、ビュッフェ式でもおかずは全部冷たくなってますし、スープもぬるいです。
食堂で食べても、出来立てのメイン以外のご飯やスープ、おかずは絶対冷めてます。

というわけで私の見解は、中華圏では火を通しさえすればOKで、アツアツにこだわってるわけではないと思いますねー。
アツアツ命なのは、日本と韓国だけかなぁ。

| ぱんだまん | 2010/07/05 01:08 | URL |

No title

10年以上前のことですが、中国人の研修生にお弁当を出したら「冷たいものを食べさせられた。虐待だ!」と訴えられたって話があります。

いまは中国人はお刺身も大好きですし、ずいぶんいろいろ変わってきてるんじゃないかとは思いますが。ビールも冷たいのがふつうになってきたし。

中国料理は基本、油をたくさん使ってるので、冷めると食べられたもんじゃありません。あれって消毒のため?って思うことがよくあります。

| ふぇい | 2010/07/05 01:30 | URL | ≫ EDIT

No title

アメリカ在住です。私は、猫舌なのであっつあっつは苦手です。スープなどは熱いほうがいいんですが、よそう直前まで沸騰してなくても、と思います。それに対し、私のアメリカ人の旦那はなんでもあっつあっつが好きです。でも、湯気には全くこだわりません。
確かに、外食するときあまり熱いものって出てきませんね。やっぱり、訴訟を恐れてのことなんでしょうか・・・

| ロビン | 2010/07/05 02:13 | URL |

アメリカ・ブルガリア

アメリカ在住のブルガリア人のダンナもちです。
熱いものをフーフーして食べているとバカにされます。
「そんなに熱いときに食べたって味が分からないじゃないかって。」
ダンナの国の皆さんもシチューなんかを作っても少し冷ましてから
お皿に盛ります。
で、アメリカでは寒い地域の冬場なんかには湯気の立つ飲み物はウェルカムなようですね。

| Buddymama | 2010/07/05 03:22 | URL |

No title

欧州在住です。
こちらの人には、あまり熱いものを食べると、喉に悪い(ガンになる、とか)と言われます。
レストランでも、スープは鍋からいったんスープポットに入れて、少し冷ましてからお皿に注いでくれますね。もともと浅い皿なのだからすぐ冷めるのに!
ただ、冬場のクリスマスマーケットでは、みなさん熱々のホットワインを飲んでます。ま、これも一瞬で冷めちゃいますけど。

| Nero | 2010/07/05 03:24 | URL |

ハワイ在住韓国系アメリカ人

私の夫アメリカ生まれの韓国人ですが
スープは熱いうちに!カルビも焼きたて!が基本です。
冷めたのはお好みじゃないしうまさが違うから駄目~とのこと。
ぐつぐつの鉄鍋で出されるキムチチゲを
ホフホフしながら食べるのが良いんですって。
キムチも炊きたての熱々白いご飯と食べるのが一番だそうです。

| wawa | 2010/07/05 04:11 | URL | ≫ EDIT

No title

学生時代のバイト先に中国人留学生の女性(西安のご出身)が居られましたが、「体を冷やすのは万病のもと」という漢方の考え(食中毒や寄生虫を防ぐ意味もあるでしょう)があるので、基本的に中国では冷えたものは食べないと伺いました。
だから「お弁当」は有り得ないし、屋台や食堂がものすごく多いとも。
しかし、彼女は「私は平気」と仰ってお弁当を作ってこられてました。

熱すぎるものを頻繁に食べるのは、本当に癌のリスクを高めるので好きな方はご注意下さい。
なにごともほどほどです。

| 利都 | 2010/07/05 04:17 | URL | ≫ EDIT

No title

タヒチ在住です。
私の彼はタヒチの方ですが中国系です。

同じ中国人?でもタヒチではなかなかできたての食事食べないです・・・料理はできてるし温かいうちに食べたほうがおいしいのに家族みんなが集まらないと食事は始まりません・・。
これは揚げものでも一緒です。なので揚げものはいつも冷えたぐらいであの揚げたてサクサクじゃなくなります・・。
でもやっぱり私は熱い食べ物は熱いうちに派なんですけどねぇ~。

| hina | 2010/07/05 07:07 | URL |

No title

はじめまして。

うちの旦那はオージーですが、うどんなど出来立てで熱い場合は、冷凍庫に入れて冷ましてから食べます。ありえません。

| ひろ | 2010/07/05 07:12 | URL | ≫ EDIT

No title

1/4外国人の僕は、熱いことにこだわりはないですね~。
お味噌汁とか、やたら温める意味がわからないです。
温かいならいいんだけど、熱くしすぎるのは...
適温で出すのが、おもてなしだと思います。

| ラファ父 | 2010/07/05 08:26 | URL | ≫ EDIT

はじめまして

イタリアに旅行に行ったときですが熱々はなかったですね~

レストランに入ってもパスタやピザはまだしも揚げ物も冷めてました!

私は猫舌なんですがエスプレッソとかコーヒー類を頼んでも温かい程度で冬場のイタリアだったので困りましたね。
思うに体感温度の差が関係あるのかな?なんて思います。

雪ふってんのに現地の方はダウンの下はTシャツだったりしたしなぁ。
フーフーしながら食べる(飲む)ところ見ませんでした。
体の中から暖めるという観念がないのかな。

| おかよ | 2010/07/05 09:48 | URL |

No title

コメントも熱くなっておりますね~うまい!(アレ?・・・)

さて現在日本在住ですが
むかーし、北マリアナのサイパンとフィリピンにいました。
両方とも暖かいというか暑い場所なのか
現地料理に「ハフハフ」ものは見掛けなかったですね~
スープ類もスープ麺もぬるかったなぁ。

| JJ | 2010/07/05 09:59 | URL | ≫ EDIT

No title

こんにちは。
アメリカに居たころ、食べ物のテレビCMなんかでは、結構
湯気が立っている美味しそうな映像(ただし、ほとんどがCG
によるものと思います。)を映していましたから
アメリカでは湯気も一応、おいしい食べ物としてのポイントに
なっているように思います。

それに、電子レンジ命の国ですから、やはり熱々とまでは
行かないまでも、温め直して食べるという考えは日本人並みに
あるように思いますよ。

ただ、パーティなんかではおしゃべりに夢中で、すっかり
冷めた料理にも普通に手を出しているように思いますが。

| さぼてん | 2010/07/05 10:24 | URL | ≫ EDIT

フレンチカナディアン一般かダンナが変なのか・・・

興味深すぎてコメ致します♪

私のダンナはカナダ人ですが、アツアツの料理を食べることにこだわります。義母も、お皿と料理が両方アツアツなことに、かなりこだわる人です。上にもカナダ人のご主人をお持ちの方がいらっしゃいますが、その方とは違うみたいですね。でもフランスの方のコメを読んで納得。ダンナの家族はフレンチカナディアンで、「あまり熱くない料理を出すと、やれ料理が冷めて凍っているようだったと文句を言う」・・・その通りなんですよ!!

私は猫舌なので、熱い料理は苦手です。でも口に入れると同時にハフハフすると、それはみっともない。テーブルマナー違反だよ、とダンナは偉そうに言います。日本のおそばとかラーメンは、ズルズルするのが正しいんだよ、と教えてやった時は、そんなことは僕は死んでもできないと言いました。書いてみるとなんだか嫌なヤツですが、食とエチケットの場では、おフランス系の血が騒ぐのかもしれませんね。

| いっしー | 2010/07/05 13:12 | URL | ≫ EDIT

No title

こちら南インドです。
おっしゃられていたように、手で食べるのが一般的なため、同僚と、「熱々でおいしいね♪」なんていう会話をしたことがありません。
あのホクホク感に拘るのは日本や韓国等だけなのかもしれませんね。
心なしか、インド人は猫舌な人も多い気がします。

チベット人が住む北インドでは、あつあつのスープヌードルが出てくるので、民族によってなのかもしれませんね。

| さき | 2010/07/05 13:13 | URL |

再び韓国です。

香港のbonbonさんのコメントにあったように、
韓国でも熱々を大事にしている反面、
湯気というよりは、食べ物そのものに興味が集中しているように
見えるのは、同じです。
チゲとか、地獄のようになって出てきます・・・。おいしいですけど。

| @mcyst | 2010/07/05 13:16 | URL | ≫ EDIT

No title

日本人が湯気で幸せを感じるのは、やはりご飯が炊けた時の湯気を知っているからではないでしょうか。
空腹が満たされる幸せ。
あと、寒いときに湯気が上がっていると暖かそうな印象が幸福感を生んでいたりして。
寒くなる国では湯気ってありがたみがあるかも。

昔、英文学をかじった視点からいきますと。。
焼きたてのほかほかパンが幸福感を誘っていたような気がします。
冷めた翌日の固いパンしか食べられないのは貧しい印象があります。

街頭で湯気を上げて焼き栗を焼いている冬のパリなどでは
湯気が美味しい記憶を呼び起こさせるのではないかと思いますが、どうでしょう?
ホカホカの栗で暖を取る、なんて、何かの小説に出てきたような。。
イギリスのクリスマスプディングを蒸す湯気も幸福感ただようなぁ~
料理の味、というよりシチュエーション??

| あんじ | 2010/07/05 13:36 | URL |

香港からです。

香港人は、湯気に関してはあまりこだわってないと思います。

でもあたたかくして食べるはずのものがすっかり冷めていたり、
最初から冷たくなっているというのは×。
ですのでお弁当が冷たいというのは許せないようです。
(中華では冷たくして食べるものもありますが、あまり冷蔵庫で
キンキンに冷やして食べるという感じではないです)

あたたかい食べ物が好まれてはいるのですが
あまりアツアツだと食べられない人が多いので
少し冷めるまで置いておいてから食べたり、かな~りフーフー
して食べたりしています。香港人は少しぬるめが好きかも?!

お茶も「熱くもなく、冷たくもなく、ぬるいものを!」とリクエスト
される方も多いです。(お茶ではなく、お湯、それもぬるいものを!
と言われる方も多いです)

あ~それにしても興味深いですね。
さすがきなこさんです☆

| 元飲食店勤務者 | 2010/07/05 14:41 | URL |

相方アメリカ在住モロッコ人

こんにちは、いつも楽しく拝見してます。
相方アメリカ在住モロッコ人です。ユゲにはこだわりなし!
熱々NG、でも冷たいのもNG。舌触りが生暖かい状態がよいみたいです。
熱々ラーメンは、スープに入れたまま冷まして食べてます。
もちろん、のびのび~~~。
考えられない。。見ているほうが気持ち悪いので、
スープと、麺を分けて冷まして、食卓に出してます。
めんどくせ~~。

| 桜並木 | 2010/07/05 22:43 | URL | ≫ EDIT

No title

〝湯気〟とはまったく関係ない話になってしまうかもしれませんが、ふと疑問に思ったことがありまして投稿させていただきます。
先週、オージーと結婚した日本人友人が子供(男子2名)と里帰りし、日本にいる友人宅で夕飯を食べました。
日本のデパ地下でお惣菜を買って食べたい!という彼女の要望で、ほとんど出来合いのものを食べたのですが、子等に、「パリッ」と音のなるウインナーを食べさせたいと、日本のスーパーでごく普通に売られている(シャウエッセンとか)を買って、茹でて食べました。
そちらの国のウインナーは、茹でても「パリッ」って音がしないのですか?
そのとき、そのままこの疑問を彼女に投げかければよかっただけの話ですが、今頃思い出して書いています。
ウィンナーって、茹でればみんな「パリっ」と音がすると思っていたのですが、それぞれのお国ではどうなんでしょう?
機会があったら、これも語調さくださいませ。

| chiyomi | 2010/07/05 22:46 | URL |

No title

インドネシアです。
こちらも、インドの方と同じで右手を使って食事をする習慣があります。ですので、アチアチを食べる事はないですね~。

外食に行っても、朝のうちに作られたもの (野菜炒め、魚のから揚げ、羊のカレーなどなど)がずらっと並んでいます。そこから好きなものを選んで、白いご飯と一緒に食します。

あ、でも一つだけアチアチで食べるのは屋台のロッティチャナイです。これは、もとはインドの料理なのかな?マレーシアやシンガポール経由で入ってきたバターたっぷりの薄焼きパン。これだけは、熱くて触れないくらいです。これにつけて食べるカレーはぬるかったですけど(笑)

| じゃかるた | 2010/07/05 22:49 | URL | ≫ EDIT

No title

chiyomiさんへ。
イギリスでパリッとしないソーセージ食べましたよ。つなぎの方のパン粉が多くて茹でたらヌチャっとした食感になるみたいです。たぶんそういうのじゃないかなぁ。林望先生のエッセイでもこの手のソーセージの話を読んだことあります。
私もアジアでは熱々の料理を堪能しましたが、ヨーロッパではだいたいぬるめ。イギリス人と結婚した友人は熱いモノを熱いまま食べる習慣がないと言ってましたね。
でもアフリカのモロッコではタジンナベを使った料理とか、熱々をどうぞ~!って感じの料理もあったような。

| とりアタマ | 2010/07/06 00:31 | URL | ≫ EDIT

グリューワイン

ドイツ南部ほぼスイスです。

ドイツで熱くてOKなのは、クリスマスマーケットで立ち飲みするスパイス入りのワインじゃないかと思います。
コレは冷えたのは飲みませんものね。
他のドイツ在住の皆さんがおっしゃったようにドイツ人猫舌なので100度にはなってないです、75度くらい?
お隣のスイスに行ったら、湯気をみんなで囲む、フォンデュがありますね。チーズだけじゃなくてスープに肉をくぐらせるフォンデュもあるので、日本の鍋の湯気に近いです。火力は弱いですが。

火を通した食事は1日1回が基本、2回調理することはあんまりないようです。

このあたりは温泉がたくさんありますが、水温は、32度くらいで、38度になると、ドイツ人は決意して入ってきます。

体感温度が違うんですね。





| Wagashi | 2010/07/06 06:10 | URL | ≫ EDIT

韓国わ?

韓国に住んでいました~!(韓国人ですが今は日本に住んでます)
始めてコメントさせていただきます。
湯気がモクモク、熱々=おいしい!幸せ~~ と韓国人も感じます。
韓国人は特にスープの熱さはにはこだわりがあります!
(だからお味噌汁も鍋のまま出る所がほとんど、めんどくさいという事もありますが・・・)
韓国ではお酒を飲む時、スープも一緒に頼む事が多いのですが、さめてきたらもう一度お店に言って暖めてもらうのは当たり前
それほどアツアツが好きなんだと思います~♪

| ゆ~いいこ! | 2010/07/06 12:29 | URL |














TRACKBACK URL

https://clubmonaka.com/tb.php/1428-0a9fcdae

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT