☆つれモナ☆

≫ EDIT

詰合せというシアワセ












ゴールデンウィーク明けの月曜日
皆様いかがお過ごしでしょうか。

連休明けが月曜って厳しいですよね。
火曜か水曜はじまりがいいんだけどなあ。


誠に申し上げにくいのですが
7月17日まで連休はないそうですよ。( ̄▽ ̄)




1705081.jpg







さてゴールデンウィークが終わると
母の日 ですよ。




グアムでは母の日に
家族でお食事に行ったりするので
「母の日スペシャル」 みたいなのがあったりして
レストランは混み合います。

大家族が多いしね。

あとプレゼントを買う人たちで
ROSSも混みます。




1705085.jpg




関係なくはないよー。(・3・)

混んでるのはイヤだもの。




ところでさっきKマートに行ったら
「母の日ギフトにどうぞ」 ということで

こんなものが売っていました。




1705083.jpg





!! w(゜o゜*)w !!





ブルボンのお菓子セットではありませんか。


「エリーゼ」とか「ルマンド」とか入ってるんだよ!
35袋も入って6ドル59セントだよ!

ちなみにブルボンのお菓子は
グアムのひとたちにも大人気で
「ルマンド」とかお土産に買ってくると
めっちゃ喜ばれます。

だからきっとコレ売れると思う。


他にもフィガロのクッキー詰合せセットとか
なんですか年末のスーパーですか?

みたいな品揃えが山積み。



1705084.jpg




あー今書いてて気がついたけど
まさに日本でお歳暮の時期に売れ残ったのかもね。(笑)


グアムで母の日ギフト贈る相手いないけど
日本のお菓子がこの値段で買えるのはとても魅力的♪

仕事の合間にちょいとつまんだりもできるし
なにより間違いなく美味しいことがわかっている。

・・・ほ、欲しい。


しかし日本人として
これをグアムで買うのはどうなのか。

ルマンドとか日本に帰った時に
買ってくればいいじゃないの。



1705082.jpg



で、でも安いよ。(゜-゜;)

この値段なら買ってもいいんじゃないの?

日本からは日本でしか買えないものを
買ってくればいいんじゃないの?

わたしだって世が世なら(!)
母でもおかしくないんだから
マイ母の日ギフト買ってもいいんじゃないの?



・・・と、
売り場でしばらくウロウロした結果




買いました。 (*^m^*)




1705086.jpg




日本人としては
ちょっと負けた気がするのですが

しかし単純にシアワセなのであります♪











「詰合せ」ってシアワセ
にほんブログ村 海外生活ブログ グアム情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキング
人気ブログランキング










オット母の日はこれにしたよ



















こちらもよろしくどうぞ
クリックすると別窓で開きます










| グアムLIFE | 11:25 | comments:15 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「ひよっこ」とわたくし











前回見きわめに失敗したので
たいそう慎重になっておりましたが


ひさびさにハマる朝ドラになる予感です
「ひよっこ」



1705051.jpg




主人公「みね子」のお父さんは
茨城から東京に出稼ぎに行っているのですが

そういえばわたしがこどもだった時代
父の職場にも出稼ぎのかたが多かったのを思い出しました。


うちの父は家に帰ってくるといつも
仕事の話を面白おかしく聞かせてくれるひとだったので
会ったことはないけどみんな名前は知っていた。

サザエさんちでアナゴくんの話をしてるような感じです。(笑)


そういう時に「〇〇さんは出稼ぎだよ」 ・・・みたいなことを
よく聞いていた記憶が突然よみがえってきたのです!


父は運送会社に勤めていて
法人の大規模な引越などを担当していたので
現場作業にはたくさんの人手が必要でした。

なのでその部分を出稼労働者のみなさんが
担っていたのではないかなあ、というのが
今オトナになって考えてみたわたしの想像です。









で、これもまた想像なのですが
こどもの頃わが家では
「水戸の梅」 という茨城名物のお菓子を
たびたびいただいていた。

買うのではなく
どこかからいただくのであります。


渋いこどもだったわたしは
このお菓子が大好きだったので
「今度はいつ?」と聞いた記憶があるぐらい
けっこうな頻度でいただいていたと思います。

それこそ盆と正月ぐらいの頻度で。


しかし考えてみると茨城には親戚も知り合いもおらず
そんなにたびたび「水戸の梅」を買ってきてもらえるわけがない。


でも

出稼ぎのかたのお土産ならば
説明がつくではないですか!




ああそうだきっとそうなんだ。 ( ´△`)




1705052.jpg




甘やかされ放題で育った都会のバカ娘のわたしが
おいしいねーとか言ってバカみたいに食べていた

あの「水戸の梅」は
みね子のお父さんみたいなひとが
大切な家族と別れて東京に戻ってくる時に
買ってきてくれたお土産だったのか。

切ない気持ちで買ったんだろうなあ。


ああごめんなさい。

本当にごめんなさい。



おとうさん、きなこはもう泣きそうです。
(みね子風)


あの「水戸の梅」の後ろには
父ちゃんの帰りを待つ家族がいて
そこにはわたしと同じぐらいのこどももいたかと思うと


おとうさん、きなこは打ちひしがれました。



1705053.jpg






そしてそう考えればわたしがこどもの頃
「いぶりがっこ」だとか「南部せんべい」なども
なぜか家によくあったのもうなずけます。

今みたいに物産展もアンテナショップもない時代
東北に親戚縁者がまったくいないのに

各地の名産品があんなにいろいろ
しかもわりと日常的に家にあったなんて
もはやお土産以外に説明がつかない。


あの1品1品の後ろに
みね子の父ちゃんみたいなひとがいて
その後ろにはみね子みたいな家族がいたんだなあ。


きっと父はちゃんと
お土産にいただいたんだよと教えてくれたはずなのに
バカ娘はそんなこと聞いちゃいないのでした。


ああ、あの頃に戻って
こどものわたしに正座させて聞かせたい。

もっと大事に食べなさいと言いたい。




















おとうさん・・・
人気ブログランキング
人気ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ グアム情報へ
にほんブログ村








そういえば「干し芋」もよく家にありました

わたしの「謎の茨城愛」はこうして生まれたんだな
















こちらもよろしくどうぞ
クリックすると別窓で開きます








| 雑談 | 11:25 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT