☆つれモナ☆

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

シコリの正体



先日切除したモナカのシコリ、検査の結果がわかりました。

というか、1週間も前にわかってたんですが
ちょっと気持ちの整理がつかなくてご報告が遅れてました。

あ、あと今日の記事ちょっと長いです。(^^;)


結果は肥満細胞腫というもの。
悪性の腫瘍、つまりガンの一種でした。

・・・・・・と言っても、モナカの場合「グレードⅡ・ステージ1」
というもので、すべてきれいに切除できているので心配なし。
今回のシコリについてはこれにて終了、という
いたって喜ばしい結果だったのでご安心ください。

ただし、決してこの病気が完治したわけではなく
他の場所への転移などに気をつけながら
こまめにチェックしていくことが大切だそうです。


0811261



切除した部分を検査に出すというのは
別料金の「オプション」になっていて
1年間保存しておいて、もし具合が悪くなったら
その時点で検査に出す、という方がNZでは多いんだそうです。

獣医さんも、今はそこまで必要ないんじゃない?
・・・という感じだったんですが、そこはホラ日本人なので
念のためにね、やってもらったんですよ。

そしたらこんなことが分かったので
ま、わかってよかったんですけども
でももし知らなかったら
「シコリ取れてハッピーハッピー!! \(^▽^\)(/^▽^)/ 」
で済んでただろうなぁと思うと、
検査しないほうが精神衛生上はよかったのかも。

・・・・・・・・・などと思ってしまうほど
結果を聞いて以来、毎日心配で心配で。

「ガンでした」という結果を聞いた時の衝撃といったら、
自分がガンの診断を受けた時などくらべものにならないほどで
治ったと言われても、まだどこかにできてるんじゃないかとか
ちょっと息が荒いみたいだけど大丈夫かしらとか
もうありとあらゆる行動が不安を呼び起こしてしまい
この1週間はこっちが病気になりそうでした。


0811263
伊東美咲似の美人ウィペット、モモちゃん。



・・・・・・・・・なんてぇことを、以前モナカと遊んでもらった
モモちゃんの飼主で獣医でもあるIさんに相談したところ
昨晩わざわざお電話をくださって、詳しく教えていただきました。
Iさんとモモちゃんは、現在日本にお住まいなのですが
日本とNZ両方の現状をご存知なので、とても心強い。

それになによりも、日本語できちんと説明していただいて
ようやくひと安心することができ
こうしてブログに書けるようになったという次第です。

とにかくこれからは、
「心配しすぎず、でも気にかけていること」
が重要なんだそうで、まさに名言ですな。


ついでに同じサイトハウンドの飼主として
Iさんにはアイスのこともいろいろ教えていただき、
何から何まで本当にありがとうございました。
ならびに、ひとつ今後ともよろしくお願いいたします。m(_ _)m


0811262


ところで、獣医さんからもらった書面に
「この進行度の場合平均余命は80ヶ月
・・・・と書いてあったのを見てさらに大打撃を受けたわたくし。


そんな様子を見て獣医さんが
「あ、あのさあ・・・・・・
80ヶ月後て14歳なんだけど。 ┐(´-`)┌」




あぁっ!

そ、そうデスね・・・・(;^◇^;)ゝ


でも、たとえ天寿をまっとうできたとしても
「月」で数えられるほど短い期間なんだということ
モナカとの日々にも、いつか終わりがくるんだということ
当り前のことですが、あらためて考えさせられました。

心配ばっかりしていても仕方ないし
1日1日を楽しく過ごすように心がけないと。(^o^)


健康な時はそのありがたさがよく分かりませんが
わたしもモナカも、幸いこうして早い時期に病気が見つかって
毎日を見つめ直すチャンスをもらったような気がします。
ほんとに幸運だなぁと思います。






社長のおかげかな。
人気ブログランキング ←人気ブログランキング




*病気のこと、この下にもう少し詳しく書きました。
みなさんの愛犬も、どうぞ一度調べてみて下さいね。

\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ☆つれモナ☆の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい



(はじめに)
もちろん私は獣医でもナースでもないし
この病気について何の知識もなかったド素人なので
専門的なことはご自身で確認なさってください。
ここではモナカの症状について、整理を兼ねて記載します。

================================


肥満細胞腫のシコリについては
「その部分が脱毛する」というのが特徴のようですが
ゴッソリ抜けるわけではなくて、モナカの場合はこんな感じでした。

0811265
*ほぼ原寸大(ちょっと拡大気味)


この程度だとゴールデンのような長毛犬は外からではまったく分からず
シコリそのものも、毛の厚みに隠れて触っても気づきにくかったりします。

最初は中央にプツンと膿のようなものがある感じの
ニキビみたいなできものでした。
それが、まさにニキビのように周りも少し腫れてきてシコリに。
はっきりは覚えていないのですが、オークランドにいた時には
すでに獣医さんに見せた記憶があるので、半年以上前だと思います。

引越してからもこちらの獣医さんに診てもらってはいたのですが
いずれも「急激に大きくなったり腫れたりしないか様子をみましょう」
ということで、特になにもしていませんでした。
その間、大きさなどの変化はまったくなし。

今回はワクチン注射に行ったついでに
「まだこんな感じです」と見せたところ、
針を刺して細胞を取る針生検をしてくれたんですが
シコリからまったく何の液体も出てこなかったので
「じゃあ、取っちゃいましょう」ということに。

シコリを中心にマージンをとって切り取り、
切除縁(下部を含む)に腫瘍細胞がないのが検査で確認できたので
このシコリについてはこれで治療おしまい、ということです。

思ったより傷が大きかったのでびっくりしたんですが
腫瘍は皮膚の表面にできるため、切り取ったところで
脚の筋肉や機能にはまったく何の問題もないそうです。


今後気をつけるのは、転移。
原因や予防法などはまだ解明されていないので
とにかく早く見つけて取る、というのがもっとも有効な方法だそうです。

転移しやすい場所は、手足や頭。
内臓(特に脾臓)への転移する場合もあるので
できればエコーで調べてもらうのがいいとのこと。
また、リンパ節も定期的にチェックが必要だそうです。


0811266


モナカの場合、皮膚に湿疹ができやすいので
普段からいつも私が身体のあちこちを触りまくっていました。
(長毛なので触るのが一番わかりやすい)
それが早めに発見できた理由かもしれません。

とはいえ、見つけてから切除まで半年かかってしまったのは
正直どうだったのか?と、ちょっと疑問も残ります。
もう少し早く検査していたら、また違っていたのかも。

ただ、湿疹ができやすいだけに
実を言うとシコリを見つけても
しばらくはあまり気にしませんでした。
こうして単なる皮膚病や炎症だと思って見過ごしてしまい
病気が進行してしまうということも、よくあるそうです。

ゴールデンは腫瘍ができやすい、とはよく言われますし
そうでなくても7歳をすぎるとシコリができやすいそうです。
どうぞみなさんも、愛犬をベタベタ触ってチェックしてみてくださいね。

| 犬との暮らし | 08:45 | comments:66 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

いつも楽しみに読ませていただいています。
うちの家族であるコロン(ラブラドールとゴールデンのmix、9歳の女の子)も今年の春、おなかのしこりを切りました。
たぶん乳腺腫だろうとのこと、組織検査は周辺部に異常部が残らないように切除できたそうですのでしないままにしておきました。
やっぱり悪性だったといわれたらショックなんですもん。
神様が与えたもうた運命だと思うしかないのではないか、と、にわかクリスチャンの夫婦の出した結論でした。
モナカ君、再発がないようにお祈りしています。

| コロンママ | 2008/11/26 09:00 | URL | ≫ EDIT

確かに精神衛生上は検査しない方が気持ち的には楽だったと思いますが、
私もたぶん検査したと思います。
とにかく何でもすぐ結果が知りたいたちなので、うやむやの方がよけい気になります。
(日本人な上に超せっかち)

誰とでもいつかはお別れする時がきますが、ペットはスパンが短いので、
お別れの時の予測がついて切ないですよね。
でも、その分「今を大事にしなきゃ」って気持ちがよけいに高まるものだと思います。

モナカくん、ちっちゃなしこりをきなこさんがちゃんと発見してくれて、きれに切除できて
よかったね。

| さくひこ | 2008/11/26 09:15 | URL | ≫ EDIT

きなこさん、色々情報をありがとうございます。うちもたくさん触って、気をつけます。

| とりアタマ | 2008/11/26 09:17 | URL | ≫ EDIT

早くみつかって&きなこさんが元気に気持ちの整理をしてよかったですね。
我が家の雑種犬タロー(11歳)も直腸に腫瘍がありますが定期的な通院&服薬だけで経過を見ています。
心配し過ぎてしまうと犬もナーバスになっちゃうから難しいですよね。
信頼できる獣医さんに巡り合えたので上手に病気とつきあいながら一緒にいる時間を大切にしたいなーと思います。
きなこさんはギャンブル運はないみたいですが、病気乗り越える運は強いんだなぁ・・・ドラゴンさんと二人で最強ペア!
今は社長もついてるから無敵ですね。

| タロママ | 2008/11/26 09:22 | URL | ≫ EDIT

あの時検査しておけば、と後悔するより検査してはっきりわかるほうが
すっきりというか、なんというか。

以前飼っていたインコが癌だと言われたときには
どうして病院に行くのを先延ばししたんだろうと思ったものです。

モナカくん、今回のしこりはきれいに取れたんだから毎日楽しく遊んでね。
そしておとーたんとおかーさんにいっぱいスキンシップしてもらってね。

| こたつ猫 | 2008/11/26 09:29 | URL | ≫ EDIT

モナカ君、一安心でよかったね。
おかーさんがこれ以上悲しむことがないように
虹の橋の向こう側で、
社長がキミとアイス君を見守っているんだから。

| はんころりん | 2008/11/26 09:33 | URL |

今回モナカ君は、きなこさんのおかげで早期発見
早期治療できたわけですが、犬は人より寿命が短いと承知しているとはいえ考えさせられます。
人も犬も一日一日がとても大事。モナカ君の体調を気遣いつつ穏やかな日々を過ごせます様にお祈りいたします。

| 高見沢琴乃 | 2008/11/26 09:39 | URL | ≫ EDIT

いつも拝見してます。
今日のモナカくんの写真を見てホロリとしました。
きなこさんも大変ですが、心から応援してます。
私も1日1日を大事に生きていこうと思います。

| ひのき | 2008/11/26 10:18 | URL |

私は「何もわからないまま、モヤモヤする」というのが苦手です。
今回、モナカくんにとってもきなこさんにとってもしこりが判明したことは良かったことと思います。
母のガンが判明し、余命三ヶ月と宣告された時、ともすれば泣きそうになる私に「泣くのはいつでもできる。今、出来ることをすべき。まずはお母さんのためにも楽しく過ごす事。」と言われました。
人間もワンコもニャンコも生まれてきたからには、たどり着くところは同じですもの。
きなこさんたちに囲まれて、モナカくんはいつも幸せに笑っていられそうですね。
楽しい毎日をすごせますように。
お大事に。

| ねこまんま | 2008/11/26 10:18 | URL |

もなかくんに腫瘍があったという記事を見てから、うちのコはどうかしらと気になり、さわってみるも、社長と同じ犬種の為、毛がモサモサ(しかも冬毛)、一応まだ仔犬といえる年齢のせいか皮膚がムニョムショで、なにがなにやらです。おまけに遊んでると思ってか、ちょっかいかけてきます・・。
でも、続けようと思いました。
とくに、歳を重ねるごとに、重要性が増しますよね・・肝に命じようと思います。

| まるもろ | 2008/11/26 10:23 | URL | ≫ EDIT

病気になって健康のありがたさがわかるとか、病気になってあのとき・・・と後悔したり自責したり、というのは、人間も犬も同じだと言うことを医療の現場で日々感じています。
ただ、気持ちの整理ができたり、どう生きるのか・何を大切にどう過ごすのかを見つめ直したりといったことを再発見するまでには、やはり時間やあたたかい周囲の人たちのサポートが必要です。
きなこさん、お辛かったでしょう?
ブログにアップされた勇気、すごいなと思います。
この発見がきなこさんやモナカ君のQOLをよりいいものにしてくれたらいいですね。だって、それはアイス君やドラゴンさん、ゆうさんやピロティさん、ノリPさん、きなこさん達を大好きなみんなのQOLにもつながっているはずですから。
社長がヒントをいっぱいくれたんですね、きっと。

| Qtie | 2008/11/26 10:43 | URL |

きなこさん、はじめまして!
いつも読み逃げしていましたが(スミマセン)。
うちのダックスもモナカ君と全く同じ病気、肥満細胞腫でしたので思わずコメント書いてしまいました。
2年ほど前に手術を受けました。
首の上の部分にでき、直径7cm程大きく切り取られました。手術で完全に癌は切り取られ、今も時々チェックしてますが、その後未だ再発はせずとっても元気一杯に生活してますよ♪
私も思いますが、あまり心配性になりすぎず、でもコマメにチェックはした方がいいと思いますので。
きなこさんもモナカ君の元気な姿に癒されて元気になってくださいね。

| mametarou | 2008/11/26 10:54 | URL | ≫ EDIT

肥満という文字で1ビックリ?w(°□°)w
ガンという文字で2ビックリ?w(◎o◯;)w
…でも完全除去できたとのことで安心しましたε=(^◇^;

きなこさんの丁寧なスキンシップと、空におわします『チャリ男大権現様』のおかげですね。
お布施増量でお参りさせていただきます(*-ノ-)/□゙⌒☆

| 青森りんご | 2008/11/26 11:18 | URL | ≫ EDIT

毛の長いゴールデンだというのに、そんなに小さなシコリも見つけてしまうなんてなんてすてきなお母さんでしょう。
そんなすてきなお母さんがついているのですから、これからだって大丈夫。^-^
それと、個人的な意見ですので参考になるかどうかは判りませんが、私は知らずに安心しているよりは知って出来ることをしてあげたいです。
知っていればよりよい選択肢を選ぶことだって出来るんですもの。
物事は、give-and-takeです。知ることによって得るものだって失うものだって有るのは仕方のないことです。
だからこそ、今のきなこさんが素敵なんだと思うんですよ。思いはきっと伝わります。祈るこころは通じます。きなこさんの姿に、私もいつも励まされています。

※社長の相変わらずのお姿ににやりとしてしまいました。最強の味方ですよね。羨ましい。

| ちよ | 2008/11/26 11:21 | URL |

モナカくんの手術のあと、ずっとずっとモナカくんの経過が気になっていました。
お友達のゴルちゃん3匹ともガンでお星様になってしまっていたので。。。
今回のに関しては早くみつかって本当によかったですね。
後は再発したりがないように祈るばかりです。
同じ病を克服されたきなこさんだからこそ、心配も大きかったのではと推察致します。
私も家族が同じ病で手術してますので心配でたまらない気持ちだけはわかりますよ。。。

犬とヒトとじゃ持っている時間が違うのはわかっていても、やはり考えちゃいますよね。
ウチの小僧も8歳ですし、最近余計にそう思います。
だからこそ、1日でも長く充実した時間をすごせるように頑張ろうと思います。

あ~やっぱりモナカくんの笑顔は最高です!

| らるまま | 2008/11/26 11:27 | URL | ≫ EDIT

いつも楽しく読ませて頂いています。
今日のお話読んで、思わずですが、初コメントさせて頂くことにしました。
我が家のくう(7歳♀イェロ-ラブ)は、先日「悪性リンパ腫」の診断を受けて、今まさに闘病生活の真っ只中です。
大型犬故、多少の寿命の短さは覚悟していましたが今更になって、一緒にあそこにも行きたかった、
もっといっぱい一緒に遊んであげれば良かったと後悔ばかりです。
最初は涙がこぼれて仕方ありませんでしたが、
飼い主である私達もようやく最初のショック状態から抜けつつあるところです。
出来るだけ楽しく過ごさせてあげることが、今出来る唯一のことですものね。暗い顔してる場合じゃありません!
だって本人(本犬?)は今のトコロいたって元気ですし、抗がん剤の副作用か食欲も全開!
(あ、これは病気以前からでした…)
幸いにも私達も信頼できる獣医さんに巡り合い、
今は只、1日でも長くこの元気が続いてほしい、
叶うならば一緒に来春を迎えたいと切に願ってます。
我が家の場合は突然腫れ出した首のリンパから
発見に至りました。普段いっぱいさわってあげることは本当に大切ですね。

モナカ君、早期発見本当に良かったです。
くれぐれもお大事に。


| ますみん | 2008/11/26 11:30 | URL | ≫ EDIT

モナカくんも、他のみんなも幸せな毎日を送ってほしいです。
そして社長の絶妙な金額提示に大笑いです。さすが!

| 15can | 2008/11/26 11:49 | URL | ≫ EDIT

きなこさん、すごいです。
ゴールデンって毛が長いのに、見つけることができたなんて~。
写真でみてほぼ原寸大っていっても、小さいじゃないですか?気がつかない・・グレハンのように・・毛がないと、気がつくのかもしれませんが・・・(爆
でも、大事には至らずよかったです。これからも人間もそうですが、ガンは再発が怖いので大変ですね。私も勉強になりました。しこり・・・
気になったら直ぐ病院ですね。 そろそろ、動物保険考えないと・・って思ってます。

| maru | 2008/11/26 11:52 | URL | ≫ EDIT

シコリの部分、手術した様子から推測して、もっと大きなものだと思っていましたが、予想に反して小さかったのに驚きです。
獣医さんによって、診察方法など違ってくるとは思いますが、早期発見できて本当に良かったですね。
家の実家の犬も(MIXですが)長毛なので体を触ってみたいと思います。
私はペットの病気など詳しく分かりませんが、こうして情報を教えて頂ける事に感謝いたします。
これからも、お大事にしてください。
きなこさんファミリーを応援しています。
社長ありがとう!!

| ちゃこ | 2008/11/26 12:25 | URL |

心配していました。
・・・・なんの役に立つわけでもないのだけど。

気になる病名がつけられてしまったけれど、
キレイに切除できてよかったですね。
どーか再発しませんよーに。
社長!ぼんを守ってくださいねー。

| SHIMACO | 2008/11/26 12:26 | URL | ≫ EDIT

そうですか…
友人宅のわんこが同じ病気で2年前にシコリを切除しました。
そして今も元気で今年17か18歳です。
成人式には着物を着せると友人が張り切っておりますが本犬は着物には興味はなさそうです。
モナカくんもきっと大丈夫
なにせ天界から社長が見守ってくれてますもん。

| mike | 2008/11/26 12:37 | URL | ≫ EDIT

『肥満』細胞腫で1ビックリ。
『悪性の腫瘍』で2ビックリ。
気になる病名ではあるけれど、早く見つかって、
キレイに取ってもらえて、よかったですね。
それも、きなこさんが、いっぱいスキンシップしていたからこそ。

ウチも長毛種なので、いっぱい触ってみようと思いました。
日々のブラッシングも嫌がる子たちですけれど。

ちなみに、ブラシをかけつつ、暗示をかけています。
「おまえはガンにならないぞ、30歳まで生きるんだぞ」って。
30歳まで生きたら、妖怪になりそうですけれど。

| Chiho | 2008/11/26 12:39 | URL | ≫ EDIT

きなこさんの整理がつき、モナカ君のシコリが取れてよかったです。
楽しい事沢山ありますよ!前向きにいきましょうよ!

| りよん | 2008/11/26 12:47 | URL |

病気って、体がツライのはもちろんの事、
気持ちも蝕みますよね。
そこがツライです。

モナカ君がんばれー!
おかーたんがんばれー!
一緒にアイス君もがんばれー!

大丈夫!
社長がきっと守ってくれる♪
ね!社長!!
みんなが手数料払うから!

| えみこ | 2008/11/26 12:53 | URL | ≫ EDIT

 うちの実家のスコッチテリアも皮膚にできるガンにかかリました。スコッチは、腫瘍のできやすい体質だそうです。
その時獣医さんが「毎日たのしく生かせてあげるのが、犬にとって一番の薬ですよ。」と言ってくれました。「一病息災」だったのか、その犬はガンと共存して16歳と半年生きました。

「心配し過ぎず、気にかける」名言ですね。
うちにも犬が1匹います。いつもいっぱいさわっていますが、今度から心してさわることにします。
モナカ君もどうぞ日々楽しく、お大事に。
これからもおかーさんにいっぱいかわいがってもらえますね。

| hanako | 2008/11/26 12:54 | URL | ≫ EDIT

肥満細胞腫だったんですか・・・
でも、完全に切除出来たとの事、本当によかったです。
かくいううちもそうです・・・心配ですよね。
ゴールデンは本当に出来やすい。
乗り越えた子もたくさんいるし、乗り越えられなかった子も・・・
やはりどれだけ早く見つけられるかですからね。
肥満細胞腫のことを、うちの先生は腫瘍の詐欺師だと言ってました。
それほど、様々な状態と進行具合があるようですよ。

でも、そうしてお知り合いの人で力になってくれるのって、本当に有り難いですよね。

うちのボンもワシワシしてこよ~っと。

| zephyrmama | 2008/11/26 12:59 | URL | ≫ EDIT

きなこさんが一週間いろんな思いをされたことがよくわかるだけに辛かっただろうな~と感じます。
我が家のラブラドール、脾臓からの血管肉腫と診断を受け余命3ヶ月の宣告を受けました。
もう~私の頭はパニック状態、でも抗がん剤治療をせず免疫治療を選びました。14歳という年齢と心臓病という病気を考えての事でした。
それから今現在まだ頑張って生きてくれています。記録更新してます。
きっと私の心が落ち着くのを待っていてくれているような気がして・・・。
モナカくんも14歳まで頑張ってくれるはずです。だってきなこさんの溢れるほどの愛情があるからです。大丈夫だよね、モナカくん。

| ちゃまま | 2008/11/26 13:41 | URL |

やっぱりいつも気にかけてあげるのって大事ですね。
私が以前飼っていたわんこですが、顎の下に瘤取り爺さんみたいに大きな腫瘍がぶらーんとぶら下がっていて、「なんだこれ?」と思って様子を見ていたら(早く病院行けよって感じですね)そのうち、どこで落としたのか、いつのまにか無くなっていて、「良かったね」なんて呑気なことを言ってたんですが、結果的にはまた何年も経ってから胸に腫瘍が出来て、そこから膿が沢山出たためにウジが湧いてしまいました。
それから毎日ウジがいなくなるまで、一匹一匹割り箸で取る日々が続きました。
その後、膿が出る以上はまたウジが湧くのでは?と思い、17歳でしたが、獣医さんからも「生きて帰ってこられるかわからない」と言われつつも、「ウジが湧いたまま絶対死なせられない」と思い、手術をしました。
手術は無事成功し、それから1年という短い間でしたが、18歳まで頑張って生きてくれました。
私は今でこそ、今一緒に暮らしているわんこにベッタリですが、このわんこはあまり可愛がっておらず、とても悔やみ、その分の愛情を今のわんこに注いでいるといった感じです。
これからも、モナカくんの健康をずーっと願っていますね。

| さざえ | 2008/11/26 13:47 | URL |

お久しぶりです。
お友達のバーニーズも先日同じ病気になって手術しました。
その方いわく、「腕の付け根に「虫さされ」のような「ニキビ」のような物」を発見して、「暇だったから」獣医さんのところにいったら肥満細胞腫ってわかって、でも小さいからちょっと切るだけだろうと思ったら想像以上にがっつり(25センチ程)切り取られてあまりの痛々しさにますますショックをうけてました。
今はすっかり元気ですけど、これをきいて改めて早期発見の重要さを思いました。
でも「そんな虫刺され程度のもの、みつけれる自信ないよ!」と獣医さんに話たら
「週に1度でもいいから、じっくり隅々まで体をさわってください」って言われました。
それまで大体なでる場所はなんとなく決まっていたけど、それ以来隅々ま~で毛の奥ま~でなでるようにしてます。

他にも肺がんがみつかったけど、高齢だったり不整脈がでて手術ができない子もいます。
せっかく早期発見して、手術すれば治せるものなのに手術ができないっていうのはせつないです。
モナカくんは、早く発見できた上に手術を無事できて本当によかったと思います。
どうかこれから末永く元気でいますように!

我が家のバーニーズはといえば、現在大きい方の子が耳血腫になってお耳ぷっくりですv-406

| ひろこ | 2008/11/26 13:54 | URL | ≫ EDIT

うちのわんこも先日犬バベシア症ってのになって随分心配しました.幸い薬が良く効いて元気になりました.とにかくわんこになにがあっても最後まできっちりお世話ができるように自分が元気でいなくてはとの思いをさらに強く持ちました.辛くてもそれが飼い主の責任ですよね.先に逝かれるのは悲しいけれど置いていくことはできない..グスン(>_<)

| あずき | 2008/11/26 14:01 | URL |

うちの亜種ゴールデンは、10歳。
まだまだ元気だと思いつつも
やっぱり同じゴールデン飼いの方に
「ゴールデンはガンになりやすいのよ」と
教えていただいて、それから体を触る時には
気をつけているんです。

アメリカで、一度、やっぱり湿疹のような
ものを2箇所も見つけて、びっくりして
獣医さんに行ったら、
「・・・これ・・おちちよ・・」
って言われたことあります(笑)
これは笑い話で終わったからよかったけど
やっぱり高齢になってきたので気をつけよう、と
改めて思いました。
ありがとう、きなこさん。

病気等々いろいろなことが起こっても
前向きに、時に後ろ向きでも、すすんでいく
きなこさんの生き方、かっちょいいです。

もなかくんも、再発しないように、祈ってます。

| rikushi | 2008/11/26 14:14 | URL |

頑張らないで頑張ろう

モナカ君もおかーさんも、よかったよかった。
うん、ほんとそうなんですよね、気にしすぎても仕方ない。
無関心はよくないけど心配しすぎてもこっちの体が持たない。
何よりそんな神経質になってたら犬にも良くない。
良くないことのスパイラルになってしまいますからね。
適度に手を抜きながら、が一番なんですよ。何事も。

しかし病気を告知されるショックったらないですよね・・・
私自身は無神経なんで何言われても「へー」で済みそうですが
旦那や犬がとんでもない事言われたら、その場で白髪になりそうw
でもそれだけその人たちが大事って事よね。

| きょんちゃん | 2008/11/26 14:21 | URL | ≫ EDIT

自分が癌の診断をくだされた時よりショック、といってくれるきなこさんの側にいられるモナカ君は、本当に幸せだと思います。

大雑把な私なら、発見できなかったかも・・・。

癌になったことがモナカ君の運命なら、早期発見して切除してあげたきなこさんは、
モナカ君の、いくつもある「この先の運命」の選択肢から、
一番いいものを選んであげたんじゃないかしら。

きなこさんを見習って、これからは、うちのMダックスも
細かく見てあげるようにしようと思いました。

| makimakimaki | 2008/11/26 15:16 | URL | ≫ EDIT

 良かった・・・
 良かったです。

 短い寿命ですから、天寿は全うして欲しいものですよね。全うできても、それでも飼い主はたまらなく悲しいのだから。

 犬を飼う事に資格や免許はいらないので、本当に飼い主さんの態度は千差万別。
 フィラリアや狂犬病の予防すらしていない飼い主もいる中で、きなこさんのように、深く犬を愛し、大切になさっている方は、とても輝いています。
 こんな飼い主さんばかりだと良いのに・・・

 モナカ君、アイス君、ママを大切にね♪

 うちのムスコもベタベタさわってみます。
 くんくんくん・・・
 ぺろぺろぺろ。

| タガメ | 2008/11/26 16:31 | URL | ≫ EDIT

はじめまして

いつも読ませていただいてます。今回、重い内容なんですが…どぉしてもコメントを残したくて、書いてしまいました。
先日家の近所のゴールデンのパピーが交通事故で亡くなりました。私はその場に居合わせたのですが、『頑張って』しか言えませんでした。パピーゎその日の夜に息を引き取ったそぉです。その出来事はあまりにもショックで…。
今日の記事を読んで、まさかこの間のモナカくんの腫瘍がガンだったなんて知って驚きました。我が家には猫と犬が1匹ずつ居ますが、忙しくなかなか遊んであげられない日々が続いてます…。
ですが、昨日と今日の記事を読んで、我が家のにゃんこもわんこも1日笑顔で過ごせるよぉにしてあげる義務があるんだと思わされました。反省です…。
とりあえず私もペタペタ触ってみたいと思います。長々とすみませんでした。

| ちゅんこ | 2008/11/26 17:38 | URL |

モナカ君、そっか・・・そうだったんですね。
ちょっとショックでコメントするまでに何度も来ちゃいました。
でも、早期発見、完全切除できて良かったです。
よ・余命80ヶ月!!に驚き、電卓叩きました。
そ・そうですよ、6年以上あるんですよ。
自分にしたら6年は早すぎるけど、ワンコは大往生の歳です。
優も8歳。あと何年一緒にいられるの?って、ふと思うことあります。。。
天命の日まで、すばらしい格言を胸に、日々一生懸命で思い出を沢山作っておきたいものです。

モナカ君の笑顔☆最高!


| 優ママ | 2008/11/26 17:43 | URL | ≫ EDIT

モナカ君早く見つけてもらって良かったね。
お母さんに毎日何度もなでられると思うけど、宇宙一の笑顔で答えてね。
アイス君が「おれもなぜてくれ!」って
云うかなぁ。


| cchan | 2008/11/26 18:24 | URL | ≫ EDIT

モナカ君。早期発見でよかったですね。
きれいに切除してもらえたみたいだし。
本当に良かった。

もちろん、これからできる心配もありますが
必要以上に触りまくって、また見つけてあげましょうよ♪
余命宣告80ヶ月ですし?
でも、余命宣告された物をきれいに取ってもらいましたし?

きっと大丈夫です。

家のにゃん子も、癌で今年2月に余命1年未満と
言われましたが、食欲を増す一方です。
(17歳のスーパー祖母ちゃんにゃん子です。)
そんな子もいますよ♪♪

| ちゃみ | 2008/11/26 19:01 | URL |

なによりもモナカ君の手術も成功し、発見も早くて良かったです。

不安になる気持ちはしょうがないですけど、でも、落ち着いたら、モナカ君やアイス君、ひいてはきなこさん夫妻の健康も更に気をつけるいい機会だと思って、ポジティブに考えましょうよ。

何事もストレスが一番の大敵だもの。

健康に気をつけて、でも、毎日を楽しく。これが一番!!

| べるーが。 | 2008/11/26 20:46 | URL |

モナカくん

モナカくん、一応は安心。
(ρ.;)グスン


私の犬も、しこりがあります。

2004年から 獣医さんの『悪性でない』を信じてそのままだったですが、最近 ちょっと成長しているので 手術を考えていました。

参考になりました。ありがとうございます。
m(_ _)m

| ゆ | 2008/11/26 20:47 | URL |

おひさしぶりです。
ちょっとびっくりしてしまいました。
だって、カールさんも肥満細胞腫で手術したんですもの。
もうお年で心臓も悪かったカールさんにはガンは取れても手術で体力が落ちたんだと思います。

そう考えれば、モナカくんは若いし、写真で見る限りしこりも小さいと思えるので今が治療の時だったのかもしれませんね。

これからも楽しい毎日がたくさん続きますように。

| きぃ | 2008/11/26 21:33 | URL |

転移せずにいるので、一安心ですね。

病気の早期発見や仲良く暮らしていくにはスキンシップは大事ですよね。


| やっさん | 2008/11/26 21:35 | URL |

検査結果がでるまでの間、さぞご心配なさったことでしょう。大変でしたね。
でもきなこさんのおさわりチェックのおかげで、早い対処ができたのですから…(^^)これからもどんどん楽しい毎日をモナカくん達と送られますよう、こっそり応援させていだだきます☆
社長…長い付き合いのぼんにはまけたってくださいよ(´Д`;)

| キーラママ | 2008/11/26 21:51 | URL |

早期発見、早期摘出でよかったですね!
表面に出てきてくれてホント良かったですね(^.^)
うちの子は脳の内部だったので見つけられずに・・ゴメンでした。。。

これからもべたべたしてれば何かあったときにも
すぐ発見できるんですものね!
元気に長生きですよ~。モナカくん♪

| mimosa | 2008/11/26 22:15 | URL | ≫ EDIT

我が家の初代ワンコ太郎も睾丸に癌が出来ました。
でも長生きしてくれましたよ。
最後は痴呆になって寝たきりになって・・・
私の腕の中で老衰での大往生、癌による病死ではありませんでした。
モナカ君も早期発見されたのですから大丈夫。
これからまだまだ楽しい生活が待っていますよ。



| ドリ | 2008/11/26 22:44 | URL | ≫ EDIT

「お前、ガンだったんだぞ…」

「わかった、わかった。
 それより、早くクッションの引っ張り
 合っこしようぜ、父ちゃん」

ガンの手術から数日…。
ウチのカンリュウサイは、
いつもと変わりがありません。

それから、1年以上が経ちますが、
相変わらずです。

そう云うことだと思います。

| rainbow♂ | 2008/11/26 22:47 | URL | ≫ EDIT

モナカくん肥満細胞腫だったの
ちょっとショックでした・・でも切除できて良かった(ヨカッタ!)

うちの犬の塊は大きいのですが、皮の内側にくっ付いていて表には出ていません・・脂肪の塊だろうと言われていますが・・

「心配しすぎず、でも気にかけていること」・・そうですね(名言)
心配していると、犬も不安になってしまいますよね
犬は飼い主の心が何でも解っちゃう、不思議な力があるみたいです

| 春巻き | 2008/11/26 23:19 | URL |

初めてコメントさせて頂きます。
私は、1995/11~2006/11まで、‘イヴ’と言う名の
ゴールデンと一緒に暮らしていました。
イヴは享年11歳、悪性リンパ腫で亡くなりました。
8歳の時に「まぁ、かわいい!まだ8ヶ月くらい?」と、銀河系一のアンチエイジングのカリスマでした(笑)
ゴールデンは、癌が多い犬種だけど、
今は良い薬も日進月歩でたくさんあります。

きなこさん、多分年齢が私と近いはずなので、
とっても共感しながら毎日読ませてもらっています。

モナカくん、大丈夫だと思いますよ。
今まで犬と一緒に暮らした経験から、そう思えます。

あ、ちなみに私は赤ワイン派。
ご自宅で余ってるなんて、もったいないです~(笑)

| まお | 2008/11/26 23:34 | URL |

モナカくんは、きっと社長が天空から護ってくれてるので、大丈夫ですよ♪

そんな気がするんです。


「心配し過ぎず、でも気にかけて」。。。 名言ですね。

私もこの言葉を胸に、じぃさんワンコのお世話頑張りますよ~。

| ぐりやん | 2008/11/26 23:48 | URL | ≫ EDIT

     ∩___∩ キナコ 笑ってすごすクマ
     | 丿     ヽ
     /  へ   へ |  痛かったり  
     |    ( _●_)  ミ つらかったり 
    彡、    ヽノ ,,/  苦しかったり
    /     ┌─┐´  怖かったりしても  
   |´  丶 ヽ{氷水}ヽ  
    r    ヽ、__)ニ(_丿 一番 頼りにしてる人が
    ヽ、___   ヽ ヽ  いつものように笑ってくれていたら
    と____ノ_ノ  それだけで安心するものクマ

              キナコ 笑ってすごすクマ

| クマゴロー  | 2008/11/27 00:00 | URL |

皆さんのコメント見てきて、最後にクマゴローさんが決めてくれました。

難しいとは思いますが、ほんとにきなこさんがご自身のためにもモナカ君アイス君ドラゴンさんのために心穏やかに過ごせますように。

| 687s | 2008/11/27 00:17 | URL |

モナカ君のこぶが、そんなものだったなんて・・・


実は私の飼っていた犬は癌でなくなりました

コレは完全なる飼い主である私達、人間のミスでした。きなこサンのように早く気づいて対処してあげれば・・・助かったのではと・・・今でも・・悔やんでいます。

もなか君のような、こぶができていたのも気づいていたんですが・・・・よく皮膚病になって湿疹ができたりしていたので、その一種だと思い放置していたんです。病院にいったときには、手遅れでした。本当に・・・彼女には・・・申し訳ない気持ちが今でも消えません・・・



今回、もなか君のこぶの原因と結果を読んで思わずないてしまいました。本当に早期発見でよかった。

沢山の心配や不安な気持ちがあると思いますが、きなこサンの愛情が今回の早期発見に至ったんですから☆大丈夫ですよ☆

きっと社長が守ってくれます☆


これからも、もなか君との穏やかな毎日が長く長く続きますように☆☆

| れいな | 2008/11/27 01:36 | URL | ≫ EDIT

ゴールデンは毛に隠れてしまいがちだし、私もベタベタさわりに励みたいと思います。情報をシェアしてくださって、ありがとうございます。
PS ちょうど従犬に怪我をさせてしまって傷心していたもので、クマゴローさんの言葉、胸にしみました。

| 壊れた在米エイリアン | 2008/11/27 01:42 | URL |

はじめまして

いつも楽しく読ませて頂いているのに、読み逃げでスミマセン…。
私も以前犬くんと一緒に過ごしてました。いなくなってしまってからもっと生前に愛情を表せたのでは、と今でも後悔しています。
なのであえて、もちろんご存知なのはわかっているのですが、モナカくんの銀河一の可愛さはきなこさんが支えていること、きなこさんの愛情があの笑顔にさせているんだと日々ブログからでも感じていることをお伝えしたくて。
いかに過ごすかなんてみんな同じですよね。
どうかきなこさんが不安にかられてしまわないようにと願ってます。
うまく伝えられないのですが…モナカくんの笑顔はまだまだ健在ですよね!

| pali-da | 2008/11/27 03:05 | URL | ≫ EDIT

モナカ君、「シコリを中心にマージンをとって切り取り、切除縁(下部を含む)に腫瘍細胞が
ないのが検査で確認できた」のですね!おめでとうございますL(@^▽^@)」
 早期発見で、マージンとって全摘出できたのは『きなこさんの深い愛情のおかげ』
ですね。 きなこさんが、ご自分が病名告げられた時よりショックだったというお気持ち、
私もそうでしたので痛い程よく分かります(T.T)
 チョビの時は抗癌剤治療で体力が落ちてたので、レーザーで焼き切っていましたが、
またすぐ大きくなって何度も焼き切らなくてはなりませんでした。。。
 「心配しすぎず、気をつけて」モナカ君の笑顔が毎日続きますように(^人^)
 
 レトリバー系はしこりが出来やすく、先日遊ばせてもらった黒ラブちゃんにも、脂肪の塊
らしき物も含めて喉・背中・後ろ脚の内側に3つのもの巨大シコリを見つけてしまいました。
 後ろ脚のシコリだけは、手触りが明らかに脂肪の塊と違います。
 あまりのシコリの大きさで、気道や内臓が圧迫されているのか、ほんの少し遊んだだけで
すぐに息が荒くなり「苦しいよ、姉ちゃん!」と助けを求めている時のチョビとそっくりな目で
見つめられてしまいました。本日、飼い主さんに相談するつもりです。

| momonga | 2008/11/27 07:38 | URL | ≫ EDIT

こんにちは。。
何だか、、昨日この記事を読んだ時には大丈夫なんです。。と書いてあっても
やっぱりひゅる~~~と心の中を風が抜けるようなショックがあったというか
う~ん、毎日毎日寄らせて頂いているだけにやはりショックも勝手ながらあって。
もちろんきなこさんのショックさに比べたら”へ”でもないのに。。ごめんなさいです。
でもこうやって書いていただくことで実家のワンコも気をつけなきゃって思えます。
有難うございます。
モナカ君もきなこさんが毎日よく触っていなければ分からなかったしこりですよね。
本当に良かったと思います。毎日楽しく過ごせば病気も寄り付かなくなるといいますので
これからも社長!お空からみんなが笑えるよう見ていてくださいねー。

| けい | 2008/11/27 07:42 | URL |

モナカ君もアイス君も社長も、きなこさんとドラゴンさんと一緒にいるだけで、幸せなんだと思います。
モナカ君のいつもの笑顔を見ていると、そう感じます。
だから、何があろうとモナカ君たちが不幸を感じることは無いと思います。
うまく言えないけど、そういうことだと思います。
・・・なんか小学生の作文みたくなった(-_-;)

| 銀竜 | 2008/11/27 08:15 | URL | ≫ EDIT

うちの黒ラブくんは今年の5月に悪性のリンパ腫で亡くなりました。病院に行った時にはもう手遅れでした。癌の発見から3週間ごと3時間の点滴と、毎日の抗がん薬の服用。。。9ヶ月の闘病の末、天国に行ってしまいました。8歳でした。
飼い主としては情けない話なのですが、実は、レトリーバー系は癌になり易いって、うちの子が病気になってから知りました。
だから、今でももっと早くに気づいてあげてればもう少し長く一緒にいられたのに、って後悔しています。

モナカくんは幸せものです。
アイスくんだって幸せものだと思います。
きなこさんも「笑う門には福来る」ですよ♪
社長も見守ってくれてますよ。

| ぽんチョ | 2008/11/27 09:20 | URL |

ご自身のことと重ね合わせて、大変な思いでいらしたことと思います。きなこさんの心の整理が付かれたこと、何より嬉しく思います。

モナカくん、きなこさんご自身、そしてアイスくんやパートナーの方の上に、楽しい佳き日の穏やかに降り積もりますようにと心からお祈りいたします。

| まる | 2008/11/27 10:02 | URL |

早期発見、よかった。
犬にもいろんな病気があるですね。

モナカくんには社長がついています。
今回もあちらの世界で、
「モナカには自分の分も長生きしてもらわんと、嫁がかわいそうや」と、手を回してくれたのかも。
そんな妄想をすると
心がやすらいでくるから不思議。

どうぞお大事に。
きなこさん自身も。
ストレスをためないでくださいね。
ブログで毒を吐けばいいざますよ。

追記。
クマゴロさんのコメント、
とっても賛同です。
そ、そうですよ。

| lotta | 2008/11/27 13:47 | URL | ≫ EDIT

こんにちは、いつも楽しく拝見しています。
モナカくん、完全切除できていたとのことで
おめでとうございます^^

うちにいるボストンテリアも、
10月に3ミリほどの大きさの腫瘍の切除手術をしたあと
病理検査の結果、肥満細胞腫と診断されました。
モナカくんと同じグレードで、
全て取り切れているという所見でした。
かかりつけの先生は経過観察で良いと言われたのですが
飼い主が心配性なので
腫瘍科が専門の獣医でセカンドオピニオンを受け
現在はステロイドを微量投与しています。

心配しすぎず、でも気にかけていること・・・
まさにその通りだと思います。
うちも毎晩、ひっくりかえしては体中触り倒していますが^^;
長毛で大型犬のモナカくんの
そんな小さなしこりを発見されたきなこさん、すばらしいです!

これからも、モナカくんの銀河系1の笑顔を楽しみにしています*

| fabbrica | 2008/11/27 14:31 | URL | ≫ EDIT

>コロンママさん
わかります、その気持ちものすごくわかります。
私は何も考えずに検査してもらったのですが、
知らなかった方がよかったかも~、という気持ちもあります。
たぶん逆の選択をしても、それはそれで悩んだと思います。
難しいですよね・・・・


>さくひこさん
モナカは怪我したり湿疹ができたりはするんですが
いわゆる「病気」とは無縁の生活をしてきたので
ちょっとびっくりというか、予想外でした。


>とりアタマさん
スキンシップがなにより大事ですね。嫌がられても(笑)


>タロママさん
飼主の不安て絶対伝わってますからね。気をつけないと。
たしかに病気運(?)はあるなぁと思います。
ギャンブル運よりはるかに重要です。


>こたつ猫さん
はっきりさせるのが怖い、というのもありますよね。。。
自分のことはすぐはっきりさせたいんですけど
どうも犬については怖くて後回しになってしまいます。


>はんころりんさん
ほんと、社長のパワーかなと思います。
虹の橋で再会する頃には借金たまってそう。。。


>高見沢琴乃さん
犬にとっての1日は本当に貴重なんだろうなぁと
いつも思ってはいるんですけど忘れがちなんですよね。
今回あらためて考えました。


>ひのきさん
なんだか、いろんなことがありますねえ。。。。
でもまあ、それも人生これも人生なんだろうなあと
まぁそんなことを考えながら私も生きてゆくのですよ。


>ねこまんまさん
そうですよね、楽しく過ごすのが一番なんですよね。
NK細胞も活性化することですしね。
病気を忘れるぐらい元気になってくれるといいな~。


>まるもろさん
小さい頃からベタベタ触ってると慣れますよね~。
社長はわりと苦手だったみたいですけど
モナカはおさわり歴7年なのでバッチリです。


>Qtieさん
健康な時にあれもこれもしておけばよかった!
・・・と気づいた頃にはもう遅い、ということも多いのに
自分もモナカももう1度チャンスをもらったような気がします。
これは大切に使わなければなりませんよね。


>mametarouさん
わ~!!よかったですね!
そうやって元気にしているお話を聞くのが一番勇気づけられます。
首にできる、というのはわりと多いみたいですので
私もおさわりチェックしてみようと思います。


>青森りんごさん
そう、肥満とは関係ないみたいなんですけどね・・・
私もこの名前から単なる脂肪のかたまりかと思ったので
ガンと知ってビックリしました。


>ちよさん
そうですね、なにを選択しても得るものと失うものがあるんだから
得るものが大きいほうを選ぶべきですね。
私にとっても事実を知ることは、やっぱりよかったと思います。


>らるままさん
正直、「犬までガンかよ!」と思いましたよ・・・
でもお互い、早期発見できたという幸運に恵まれたのは
本当によかったと思ってます。


>ますみんさん
わかります、わかります。。。。。
どんなに一緒にいても、やっぱり「あれもしたかった、これもしたかった」
って、絶対思うものなんですよね、きっと。
健康な犬だって、その日1日を精一杯過ごすことしか考えていないのですから
平常通り、楽しく過ごすのが一番なんだと思います。
家族の気持ちとしては難しいですけどね。。。
一緒に春を(NZは秋ですけど)迎えましょう!!!


>15canさん
しかし、返す返すも社長は潔く逝ってしまったなぁ、と
今になってあらためて思いますね。

>maruさん
ベタベタベタベタ触ってるんですよ、いつも。(笑)
かえってアイスのほうが触ってないかもしれません、見えるから。
保険は使わないに越したことはありませんが
いざという時に太っ腹で治療を受けさせられて安心です。


>ちゃこさん
ほんと、顔にできるニキビぐらいの大きさですよ。
自分の身体にできてたら、たぶん放っておいたと思います。(爆)
過保護なのもたまには役に立ちますねえ。。。


>SHIMACOさん
再発とか転移とか、もう文字を見るだけでゾッとしますけどね。
自分のことよりモナカのほうがずっと心配です。


>mikeさん
すごいすご~い!!17歳とか18歳とかすご~い!
こういうお話が一番うれしいです。元気がでます。
モナカはあと10年行けるじゃないですか!わ~い!


>Chihoさん
もともと英語FAT CELL と言ったので「肥満」と訳されたようです。
今はMAST CELLと言います。
私も脂肪のかたまりのことなのかと思ってましたよ~。


>りよんさん
「ガンになった」ことより「取った」ことに焦点を合わせないとね。
とりあえず治ったわけですからね。


>えみこさん
親も社長も(!)年齢的に覚悟ができていたんですが
モナカの病気は正直、こたえましたね~。
子供が病気になるってこんなに辛いんだと思いました。


>hanakoさん
そうですね、たしかに一病息災ですよね。
私も病気してからやけに健康ですし。。。(笑)
こまめにチェックするのが、いいメンテナンスになりますね。


>zephyrmamaさん
腫瘍の詐欺師ね。。。うまいこと言いますね。
だまされないようにしなくちゃ。
やっぱり社長の力が必要だわ。


>ちゃままさん
80ヶ月でこんな衝撃を受けたので、3ヶ月とか6ヶ月とか言われたら
どんなにショックだろうと思いました。
心臓病があると麻酔だけでも心配ですもんね。
記録がどこまでも更新できますように。


>さざえさん
その気持ち、すごくわかります!
私も以前飼っていた犬への罪滅ぼしみたいな気持ちがあって
今の犬たちを大事にしているところがあります。
でも手術成功してよかったですね、きっとうれしかったでしょうね。


>ひろこさん
まさに、まさにそんな感じですっ!!
何かイメージとしてはレーザーでちょっと取る、ぐらいの気持ちだったので
あまりにも大げさなことになってショックだったんですよね。。。
でも手術で取れるだけ幸運ですよね、本当に。


・・・・・・・つづく

| きなこ | 2008/11/27 14:57 | URL | ≫ EDIT

>あずきさん
そうですね、犬のためにも元気でいないと。
とりあえず私は「持ち上げられる大きさの犬と、その体力」
というのを、犬を飼う時の目安にしています。
今が限界・・・。(笑)


>rikushiさん
幼稚園児の私に向かって
「泣いてもなにも解決しないわよ」と言う(ホントに言う)
恐ろしい母に育てられたので、たくましくなりました。
でも母は最後まで自分にも本当にそういう人だったので、
強いな~勝てないな~、と改めて思いましたよ。


>きょんちゃんさん
自分の身体はジタバタしてもしょうがないと思うんですが
犬はねえ。。。ホントはそっちのほうがよっぽど
ジタバタしてもしょうがないんですけどねえ。。。


>makimakimakiさん
私もかなり大雑把ですけどね~。(^^;)
でも超過保護でベタベタ触りまくっているので
今回はそれが功を奏したのかもしれません。
嫌がられてるんですけどね。


>タガメさん
不謹慎かもしれないけど、子供が病気になった時って
こんな気持ちなんだというのが初めて分かりました。
もちろん人間の子供だったらこれ以上なんでしょうね。
辛いだろうな~、お母さん。


>ちゅんこさん
そうですよね、病気じゃなくたって事故で命を落とすこともあるんですよね。
人間の家族も同じですが、無事に1日を終えて笑顔で眠れるって
すごく幸せなことなんだな~と、あらためて思います。


>優ママさん
80ヶ月って、ちょっとショックですよね。。。
でも80ヶ月後に自分が生きている保証もないわけで
そう思うと、人生というのはギャンブルですなあ。


>cchanさん
言います言います。
言う前に割り込んできます、アイスは。


>ちゃみさん
ばーちゃんニャンコって、なんか妙なパワーがありそうですよね。
30歳ぐらいまで行けるでしょう、それは。


>べるーが。さん
ほんとでですね、いいタイミングで見つめ直すことができました。
誰もがいつどこで命の終わりがくるか、わからないんだから
毎日楽しく過ごすことですよね~。


>ゆさん
獣医さんに「大丈夫」って言われると安心しますもんね。
でも日を改めて聞くと、そんなことすっかり忘れてたりするので
(ニュージーの獣医さんは)、時々つっついたほうがいいですよ~。


>きぃさん
ついこの間まで「様子みましょう」なんて言ってたのに
なんで突然切除とか言うのかしら?と思ったんですけど
でも結果的にタイミングよかったですよね。


>やっさんさん
ほんとスキンシップが大事です。
おさわりおさわり~♪


>キーラママさん
結果は手術の翌日には出てたのに、連絡くれなかったんですよ~。(涙)
ま、忘れてしまう程度のことだった、ということなんでしょうね。
それはそれでいいんですけどね。


>mimosaさん
本当に怖いのは目に見えない部分ですよね。
人間みたいに痛いとか気持ち悪いとか言えないし。
口がきければいいのにな~。


>ドリさん
大往生ですね~、カッチョいいですねえ。
社長もそうですけど、犬もやっぱり長生きすると
「ありがたみ」みたいなオーラが出てくるんでしょうか。


>rainbow♂さん
あ~、まさに今のモナカがそんな漢字です。
これがずっと続くといいな~。
あと30年ぐらい。(自分がヤバイ)


>春巻きさん
わかっちゃいますね~、犬は。
エネルギーが伝わるらしいですよ、シーザー・ミラン的には。
オーラじゃないですからね、エネルギーですから。


>まおさん
悪性リンパ腫というのも多いですね、レトには。
今まで病気らしい病気はしたことがなかったので
モナカの健康に、そろそろ気をつけろっていうサインだと思います。
ちなみに赤ワイン、まだゴロゴロ余ってます。


>ぐりやんさん
なんか社長のパワーを感じるんですよね。
ちっちゃいくせに心強いなぁ、と思います。
社長がいるなら虹の橋も悪くないなあ。


>クマくん
ねえクマくんは時々すごくいいこと言うんだけど
もしかするとすごくいいクマなのかい?
それともちがうクマが書いてんのかい?
また泣けたじゃないか。


>687sさん
キメてくれましたね~、クマが。
クマに泣かされるのはすごく悔しいんですけどねえ。
とりあえず病気のことは忘れて楽しくすごします。(^o^)


>れいなさん
わかりますよ、私も皮膚病だと思ってましたもん。
なんでも獣医さんに言うクセがあるので、それで念のために言った
ていう程度のことでしたもん。(しかも大丈夫って言われてたし)
私もまだまだ見逃しているところがあるかもしれません。


>壊れた在米エイリアンさん
ここにシコリがあるってわかっていても見失うくらいですから
難しいですよね~。その部分に色でも塗って目印にしておきたいぐらいです。


>pali-daさん
いなくなってしまうと、いろんなこと考えますよね・・・
どんなに愛情を注いでも、やっぱり後悔すると思います。
悔いのないように、なんていうのはたぶん無理なんでしょうが
毎日を楽しく過ごそうと思います。


>momongaさん
その黒ラブちゃん、心配ですねえ。
飼主さんはご存知なんでしょうか?
NZの飼主さんは切除しない人が多いそうです。
「なんでかしらね~?」と獣医さん言ってました。


>けいさん
そうですよ、私のショックに比べたらへでもないですよ!(笑)
でも、すっかり元気にしているモナカをみると
こっちも元気になりますね。アイスのボケ具合も癒されます。(^^;)


>銀竜さん
モナカは毎朝オットにべた~っとヒザ枕してるんですけど
その様子が本当にしあわせそうなんですよね・・・
あれ見るだけでこっちまでしあわせな気持ちになります。
ちょっと悔しいですけど。


>ぽんチョさん
私も、レトはガンになりやすいって知識では知っていても
モナカとはまったく結びつきませんでした。
病気って、まさか自分が、とか、まさか自分の家族が、
と思ってしまうところがありますよね。
今回のことをきっかけに、いろいろ勉強しようと思います。


>まるさん
子供が病気になった親ってこんな気持ちだったのか!
・・・ということがよくわかりました。
もちろん人間の子供だったら、もっともっと心配なんでしょうけど。
でもとりあえずは毎日楽しく過ごすのが一番の薬ですね。

| きなこ | 2008/11/27 15:01 | URL | ≫ EDIT

ハツコメントです^^*
ウランくん10歳今までに2歳の頃から8カ所の肥満細胞腫と
向き合ってきております
今は元気にしておりますよ
夫婦共々、毎日楽しくウランと過ごしています~^^*
癌と聞いた時は、さぞショックだったでしょうね
心配しましたよね、、すごく解ります。
大丈夫です~此れからも楽しくお過ごしくださいね
ごめんなさい~まとまりのない文になってしまいました^^;

| ウランママです | 2008/11/27 17:25 | URL |

モナカくん、大事に至らなくて良かったです。

花子もモナカくんと同じ7歳です。
14歳といえば長生きかもしれませんが、あと80ヶ月なんですね。

そういえば将太は117ヶ月しか生かしてあげられなかったのか・・・と思い返してしまい、
苦しくて眠れませんでした。
将太のときに後悔したことを、花子にはすべてやってあげようと思って、
できる限りのことはしているつもりなのですが、
まだまだ足りない気がします・・・。

| 花子 | 2008/11/27 18:37 | URL |

はじめまして!
ミニチュアダックスのブログをやってます。
よかったら遊びに来てください♪

| りんぱぱ | 2008/12/04 13:29 | URL |














TRACKBACK URL

http://clubmonaka.com/tb.php/789-694e2d09

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT