☆つれモナ☆

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

見事に思うツボのわたくし



スポンサーリンク





「ホットロード」と並んで(→
わたしが単位を取り忘れた作品
それは「赤毛のアン」です。



赤毛のアン―赤毛のアン・シリーズ〈1〉 (新潮文庫)


ちなみに「ハイジ」や「キャンディキャンディ」も
世代的にハマってしかるべきなのに
まったくスルーで来てしまった。

女子として著しく欠落してる感があります。(-ω-;)

幼稚園時代から今まで
ものすごい数の本を読んできたのに
なぜか「赤毛のアン」には引っかからなかった。

読んでおけばニュージーに行った時に
「アンに出てきたアレみたいな感じだわっ!! (>▽<)」
とか言って(たぶん)盛り上がれただろうに残念です。


しかし一般常識として
村岡花子さんという人が翻訳をした
・・・ということは知っていたので

今期の朝ドラが始まってから
コレを読んでみました。



アンのゆりかご―村岡花子の生涯 (新潮文庫)



ドラマとはだいぶ違うけど
わたしはとにかく
「赤毛のアンを翻訳した人」
という知識しかなかったので

なるほどこんな方だったのか!
と、たいへん勉強になりました。

しかしドラマを見ていると
主役の花子さんよりも
「蓮さま」「伝助さん」のことが
気になってしかたない。

ので
ついにこの本まで読んでしまった。



白蓮れんれん (集英社文庫)


林真理子さんはこの作品で
柴田錬三郎賞を受賞されたので
なんとなく内容は知っていたけども

こんなねっとりとした女性の話を
わたしが読むことはないだろうなあと思っていた。

のに、買ってしまった!)゜0゜(
(しかもけっこう面白かった)


言っておきますがわたしは別に
「花子とアン」にハマっているわけではないのです。

むしろ「あまちゃん」以降の3作では
もっともテキトーに視聴している。

それなのに何でしょうかこの読書率は。
出版業界の思うツボです。(´艸`)


ですが

かといって「赤毛のアン」が
読みたくなったかというと

そういうわけでもないという
もはや女子力の取り返しがつかないわたくし。┐(´-`)┌







ドラマで一番好きなのは醍醐さんです。
人気ブログランキング
人気ブログランキング


最初からずっと性格がおよろしい。
にほんブログ村 海外生活ブログ グアム情報へ
にほんブログ村




関連記事

スポンサーリンク

| 読書ノオト | 17:32 | comments:22 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

伝助さん

私も同世代なのに、全部、見事にスルーでした。
ベルばらも読んでない。
本もマンガもたくさん読んでいたのに。
だから女子道からはずれちゃったのでしょうか。

「花子とアン」では近所に住むネコが好きです。
柴ワンコが軍用犬にと連れられていったのは悲しかった。

夫の友人夫妻に伝助さん一族の方がいて、
最後はカッコ良く描かれていてよかったねー
と、胸をなでおろしています。

| momo | 2014/09/07 18:42 | URL | ≫ EDIT

しりあがり?

「赤毛のアン」。

もちろん世の全員が読んでいるわけではないけど、よくある円グラフにすると『読んだことがある』の色面積が最も広い区分率だろうと思いますが・・・、当然きなこさんのような方もいるわけです。
でも、『読んだこと無いなぁ』という方たちも、なんとなくなイメージはお持ちだと思います。
日本でアニメ化されたり(これももう昔ですねー、考えたら)、映画にもなってますから。
で、それって「赤毛のアン」=「Anne of Green Gables(グリーンゲイブルズのアン)」ですよね。

村岡花子が最初に「赤毛のアン」を翻訳し、日本に紹介したから児童文学という位置づけになっていますけど、これがどうして。
本来、作者のL・M・モンゴメリ自身は長編小説として書いているので、その後に続いていく
「アンの青春」、「アンの愛情」、「アンの幸福」・・・「アンの娘リラ」とそのほか色々な関わる作品(短編集)
も含め、ま~ぁ奥が深いです。
(映画は3作くらいありましたっけ)
晩年の巨匠マーク・トウェイン先生もおハマりになって大絶賛!

「赤毛のアン」はもちろんテッパンでしょうが、どちらかというと、だんだんアンが年齢を重ねていく後半の作品に向けて面白さアップしていきますよー。
『「はな」じゃねぇ、「花子」と呼んでくりょ』
と、大人にとっちゃめんどくさいことを言う賢しげな子どものお話が、年を重ねていくにつれて面白くなっていっているように、
「アン」のお話も、巻を重ねるごとに深く面白いです。

女子力イメージは「赤毛のアン」から来るんだと思いますが、夢見る夢子さんのお話ではない、女性の小説ですよ。
文学好き、小説好き、はたまた活字好きの方。
是非(* ̄▽ ̄*)ノ"
(長いけれどねー)

| うに | 2014/09/07 20:01 | URL | ≫ EDIT

No title

「赤毛のアン」は読んだのですが…
シリーズ化されたものは途中で挫折しました。
オトナになるにつれアンが普通になるような気がして…
ワタクシ的には無理でした。。
うちの旦那
白雪姫とシンデレラがごちゃまぜになってますた。
男の子は女の子向け童話なんて読まんのですかねー

| mike | 2014/09/07 21:00 | URL |

No title

私もアン読んでない!いえ、読もうとしても読みきらんかった‥ちっとも自分に入ってこんっていうか‥女子としてずっと内緒にしてきたことです。
あーすっきりした。ありがとうきなこさん。
ちょっとジャンルが違うけど、小公女セーラは大好きでした。

| 九州わんこ | 2014/09/07 21:20 | URL |

赤毛のアンシリーズ、中学時代に始めて読んで、今だに年に何度かはシリーズのどれかを読み返します。自分の成長と共にアンの人生もより身近に感じられたり、きっと気づかない所で色んな影響受けてきてると思います。一番好きなのは、シェアハウスしてる大学生時代(アンの愛情)と、複雑な超美人お隣さんとの友情を描く新婚時代(アンの夢の家)です^ ^

| うつぼ | 2014/09/07 21:22 | URL |

No title

実は超愛読書で、シリーズ全巻2回ずつ買っています。初代は、読みすぎてボロボロになって、背中からページがとれてきたから。
シェアハウスの大学時代が一番好きで、そんな学生生活に猛烈にあこがれたものでした。(うつぼさん、おんなじおんなじ!)
でも、外伝的な「アンの友達」も大好きで(隔離された家、というのが何十回読んでも好きなの)、これは同じ本を3回買いました。

ただ、翻訳された日本語もかなり前の時代のもの。緊張すると何度も読んだアンワールドの「丁寧語」とか「謙譲語」が飛び出して、「アナタ、いつの時代の人なの?」と笑われたりします。

| ビートママ | 2014/09/07 22:41 | URL | ≫ EDIT

若い頃、赤毛のアンシリーズを読んだ時はとても面白かったのですが、結構な大人になってしまうとあの世界感についていけるか自信がありません。^_^;
あ、ハイジ(アニメの方)は大人になってから見ると、おじいさん目線で見てしまいますよ。^ ^

| おはぎん | 2014/09/08 00:07 | URL |

No title

うわっ~、私も単位を取り忘れています。
しかも、面白くなくて止めた記憶が・・・。
当時の私はシャーロックホームズ好きだったので、たぶん合わなかったのかも。。。
そんな単位の取り忘れが多い私でも、動物好き・家事好きなので、恋愛面での女子力は劣っていますが、どうにかなっているものだと思いたいです。。。

あ、私の一番好きなのは「いくや」さんです。
めげないで愛を伝え続ける純粋さがほしいです(笑)。

| 楓 | 2014/09/08 07:48 | URL | ≫ EDIT

No title

だいじょぶです!!なぜなら主演の吉高さんも赤毛のアン、読んでないっておっさってましたから・・(^^;

 私はアニメで見て、それから原作を読んだ派です。映画も見ちゃいました~

| みゅー | 2014/09/08 10:52 | URL |

『赤毛のアン』は小学生の頃に読んだことあるんですが…すっかり記憶にないので未読の分類に入りますね( ̄∀ ̄;)

今期の朝ドラは、ストーリー&内容より最初と最後の三輪明宏さんのナレーションが気になってます。ごきげんよう。

| 青森りんご | 2014/09/08 12:34 | URL | ≫ EDIT

No title

きなこさん、

スルーされたキャンディキャンディの、キャンディとテリィの別れのシーンは良かったです。

思い出して、また漫画を読んでみたくなりました。


| hirochi | 2014/09/08 13:22 | URL |

赤毛のアン

その昔、北海道芦別市に、「カナディアン・ワールド」という、テーマパークがありました。プリンスエドワード島のグリーンゲイブルズが再現されていて、アンの世界に浸れました。(負債がカサミ、閉園、今は無料の公園になっています)今でも、アンの家なんかはあるみたいですので、アン好きは、行ってみるがいいですよv-218

そこに遊びに行った義母、知人に電話で話しているのを聞いてしまいました。

「こないだ、あそこ行ってきたの、なんていったかなぁ~~、あ、そうそう、赤ひげのアンのところ!!」

アン、怖っ!!

| ちびら | 2014/09/08 14:00 | URL | ≫ EDIT

アンシリーズ

私、女子力低いですが「赤毛のアン」シリーズはすべて読んでます。
うつぼさん、ビートママさんと同じです。
うにさんが指摘されているように、未読の方は「赤毛のアン」を頭がお花畑のメルヘンチックな話だと誤解されてるように思います。
そういう話ではないので食わず嫌いせず試してみてほしいですね。
ただし、大人になってから読むと最初の「赤毛のアン」の前半だけはちょっとしんどいかもしれません^^;
2作目以降どんどん面白くなりますよ!

| ひろぽん | 2014/09/08 14:23 | URL |

醍醐さん

うちのダンナ、毎朝「花子とアン」を一緒に見ているのですが、先日、いきなり
「アンって赤毛のアンのこと?!
いつ『アンちゃん』って子が出てくるんだろうっと思ってた」

え~~~?!今頃ですか?!
アンちゃんなら「ごちそうさん」に出たし(-"-)

私も醍醐さんがお気に入りです。
あの透き通った声。
そして好きな人を取られても取られても
絶えず前向き(笑)
育ちの良さって、こういうことなのね!

| そらりん | 2014/09/08 14:29 | URL | ≫ EDIT

単位…。

ワタクシも、単位取りはぐっております。
全く興味がございませんでした。
ええ!
本も山程読んでいるのに…活字中毒なのに…。

村岡花子さんが、翻訳なされたのも…クリスチャンだというのも知っているのに…デスヨ。

多分…乙女単位は、悉く取りはぐっているか…と思います( ̄▽ ̄)

| ぴぴ。 | 2014/09/08 14:36 | URL | ≫ EDIT

赤毛のアンちゃん

アタクシも全く読んでないっす。「赤毛のアンちゃん」
読もうと思えば読める環境にあったのに
(おばーちゃんちにその手の全集があったので)
まったく手を付けたいと思わなかった。

小学校の頃、夢中になって読んでたのはコナンドイルと江戸川乱歩。
小林少年になりたかったなあ。


ということで、女子力、思いっきり取りっぱぐれております・・・。

そいでも、いちおう高校は女子高なんですよ。
担任の先生には「ウチにはいないタイプだよなあ」って言われてましたけどね。

| meimei | 2014/09/08 16:42 | URL | ≫ EDIT

オットが…

私も赤毛のアンは読んでいないのですが、なぜかうちのオット(45)が好きなのです。今高1の娘が小3の時に読みなさいと買い与え、素直な娘は大人しく読んでおりました。
決して乙女チックな男ではないのに、何故赤毛のアンが好きなのかちょっと気になるので読んでみようかな〜なんて思ってます。(思い始めて何年も経ってますけど…)

| まさ | 2014/09/08 16:44 | URL |

え、まだなの?

海外旅行が好きで色々行ってるわりに
みんなが行きやすい(日本から近い)
グアム・サイパン・韓国・台湾に行ってないのと
同じ感じで
「赤毛のアン」も読み損なっておりまする・・・

| 桃 | 2014/09/08 21:55 | URL | ≫ EDIT

No title

結婚してからオットが連ドラを見る人だったので、付き合ってみていますが
花子とアンが一番面白いです。多分、私がアン世代だからだと思います。
あの角を曲がると・・・と最初に聞いたとき、あ~!赤毛のアンを翻訳した人だ!
と気がつきました。(それまでどんな話か知らなかった)
おじいさんの、そうさな、っていう口癖がマシューを思い出させて、嬉しくなったものです。

ちなみに、先日ぴったんこカンカンという番組で、花子の旦那さん役の
鈴木さんと真眞理子さんがが出てましたけど、花子とアンのおかげで
白蓮れんれん が再ブレイクして、全部で50万部売れたとかw
(最初が20万部売れて、最近30万部売れてるそうですよw)
林さん、すっごくよろこんでましたw
私は図書館で借りて読んだんですがねw
今月末で終わりのようですが、とっても面白いドラマですね♪

| あきちゃんの姉 | 2014/09/09 11:38 | URL | ≫ EDIT

No title

私は何度も履修をして何度も放棄しました。ちょうど今アニメを再放送してるのでこれでごまかそうと思ったのですが、やはり途中で捨てました。どうも響くものがなくって。
雰囲気で似たような話では、あしながおじさん とか 大草原の小さな家シリーズにはどはまりしたのですが。

キャンディキャンディは図書館に通って単位をとりました。漫画禁止だったもんで。

| 虎太郎ママ | 2014/09/09 20:48 | URL | ≫ EDIT

No title

わたくし、赤毛のアンは、どはまり派です!
今でも読みたくなる!だから、部屋のどこかにはあります~♪
でも、その後のシリーズは何作か読んだ記憶はありますが
はまらなかった・・・。
キャンディキャンディも、どはまり!(笑)
だからといって女子力が高くなったわけではないよーん(^o^)

そして花子とアンは土曜日だけ見てるよーん

| mimosa | 2014/09/10 11:00 | URL | ≫ EDIT

お返事です

>momoさん
伝助さん(ホンモノ)は地元ではとても人気があるんですよね。
実際男気のある方だなあと思いました。


>うにさん
わたしはむしろ何のイメージもないんですよね。。。。
だから読もうと思わなかったんだろうなあ、きっと。


>mikeさん
白雪姫とシンデレラは、けっこうごちゃまぜになるー!!
わかるわかる!!!


>九州わんこさん
あ~、小公女セーラはわたしも好きでした。
あと小公子と王子と乞食(もう区別がつかない)


>うつぼさん
そうですよね、きっとその時代に読むとハマるんでしょうね。
本でも音楽でも、ハマる年代ってありますね。


>ビートママさん
そうそう、「シェアハウス」とかきっとNZでフラッティングした時に
これよっ!これだわっ!!! て思ったんだろうなあ、読んでたら。


>おはぎんさん
ハイジはなんでもすべて「家庭教師のトライ」になってしまうので
純粋な心で見られなくなってしまいました。


>楓さん
わたしもシャーロックホームズ好きでした!
そうか、そっち系統が好きだと合わないのかも。


>みゅーさん
そうなんですか!?Σ(゚Д゚)
でもまあたしかに、アンは関係ないストーリーでしたね、結局。


>青森りんごさん
最初は正直言って違和感あったんですが
慣れるとクセになりますね、あれは。


>hirochiさん
そうそう、みんながテリーとかアンソニーとかいって
盛り上がってるのが全然わからんのですよ。


>ちびらさん
ああ、たしかに北海道っぽいかもですね。
カナダ行ったことないけど、きっとそうね。


>ひろぽんさん
メルヘンチックだとは思っていないんですが
なんか引っかからなかったんですよね、タイミングでしょうね。


>そらりさん
あの前向きな精神こそ本当のお嬢様ですよね!
でも今週はお元気がなくてご心配申し上げております。


>ぴぴ。さん
そうなんですよ、作品読んでないのになぜか村岡花子さんについては
なんとなく存じ上げているところが、なんか逆にすごいと思います。


>meimeiさん
わたしも江戸川乱歩読んでました!
ちょっとおどろおどろしいところに引き込まれました。


>まささん
なんだかステキなご主人ですねえ。
お育ちがよさそうな感じがする!


>桃さん
あ~、わりとそんな感じですね。
似てるなあ。


>あきちゃんの姉さん
アンを読んでる人は、そうやっていろいろ裏読み(?)
できるみたいですね。ちょっとうらやましい。「


>虎太郎ママさん
わたしも大草原ハマってたー!!テレビもずっと見てたし!
似たような感じなのに、何が違うんでしょうねえ。


>mimosaさん
考えてみたら私にはそういう本がないなあ。。。
一度読んだらお終いになっちゃってるなあ。


| きなこ | 2014/09/11 22:58 | URL | ≫ EDIT














TRACKBACK URL

http://clubmonaka.com/tb.php/2839-51b60665

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT