☆つれモナ☆

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

Don't work too hard 福島



スポンサーリンク





さて、満腹になったあたしたちは
さらにバンバン買物をしようと
駅のほうに戻ってきたのですが
とにかくそこら中で見かけるのが
「がんばろう福島」のメッセージ。


1105137


他人から「がんばれがんばれ!」
って無責任に言われるのも困るけど
こんなにあっちこっちの身内から
「がんばろうがんばろう!」
・・・って言われ続けてるのも
ちょっと辛いかもなーと思いました。

だってみんながんばってるもん。
玉子湯さんも、タローくんも
ケンちゃんもみんながんばってる。


ガチガチにがんばってる時
英語だとよく
Don't work too hard!
(がんばりすぎないで!)
って声をかけられるんですけど
あたしもそんな風に言いたかったです。



1105138


でもそうはいっても当事者にとっては
がんばらないことには前に進めないので
がんばらなくてもいいよ、なんていうのは
それもやっぱりある意味無責任でもあるわけで。


だからなんだか
うまく伝わるかどうかわからないけど
「がんばってるひとたちがホッとする時」
・・・を作ることも
被災地じゃないとこに住んでるあたしたちが
できることのひとつじゃないかなあと思いました。


糸井重里さんが被災地の女の子から

「避難所の人たちは
話をする相手がいないんです。
家が壊れた話を訴えたところで
みんなが同じ目に遭ってるから。」

・・・て言われたって書いてあるのを読んで
ケンちゃんも同じこと言ってたなあと思い出しました。


1105139


ケンちゃんだけじゃなくて
お宿で会った『浴衣を着てない方』はみんな
あたしたちに積極的に話しかけてくれました。

もしかするとみんな
東京からノンキな顔してやってきた
あたしたちと話すことで
ちょっと現実から離れられたのかも。

それでほんの一瞬でも
ヽ( ´ー`)ノフッ て肩の力が抜けたら
なんかそれはそれでよかったのかなーって。


うまく言えなくて申し訳ないんですけど
そんなことを思った1泊2日の旅。


11051311



たったの26時間ぐらいの
超ショート滞在ではありましたが
いろんな出会いがあって
いろんなことを感じることができて
福島に来てよかったね!!

・・・などと
帰りの新幹線でビール飲みながら
エヘラエヘラ語るあたしとはるちゃんでした。


そんなバカ観光客が
バンバン買ったお土産・その2は
やっぱり定番のコレ。



福島銘菓・くるみゆべし


ゆべしたまらんす。ヾ(´〇`)ノ
特にくるみ。
VIVAくるみ。








おかげさまで桜も見られました。
人気ブログランキング ←人気ブログランキング




関連記事

スポンサーリンク

| 地震 | 09:31 | comments:27 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

本当にそうなんです。私の実家も流されて、周りが火事で閉じこめられて、悲惨な経験しました。ただ私も子供達も生き残れました。家族も奇跡的に無事です。でも私の中にはすごい傷ができたんです。実家の中では『みんなが同じだから。前に進みなさい。』としか言われず、自分の相談なんか出来ません。嫁ぎ先では、私が、言ってもわかってもらえないと心を閉ざしてしまってます。でも、ただ話を聞いてもらって感情を出してしまいたい時があるんです。被災者の気持ちってわかってもらえないと思うけど、こんな被災者もいます。

| まゆ | 2011/05/15 10:54 | URL |

No title

なるほど。
確かにこれ以上頑張れないよ・・・という状態にある皆様にとって、そのような声掛けは辛くなりますね。
フッと肩の力を抜ける瞬間。
これからはそんな瞬間がたくさんあるとよいのですが。
せめてわたしはゆべしやままどおるを買ってみます。

| まめこっち | 2011/05/15 11:00 | URL | ≫ EDIT

No title

きなこさんが見てこられたように、市内(特に街なか)ではこの手ののぼりがはためいてます。
TVでは応援メッセージとして、著名人の方々が「がんばって!」「いっしょにがんばりましょう!」と言ってくれています。
そう言う、言ってくれる気持ちもわかるんですが…、正直そろそろ「わかってるから!ヾ(#`Д´)/゛」って思いが湧いてるのも確かです@福島市民

福島市は浜の方に比べれば地震・津波の直接的な被害は少なかったものの、発生元から60kmも離れてるのに終息まで何年かかるか分からない長期的な被害をいまだ受け続けています。
だからこそメンタル面の締めたり緩めたりは大事なんですよね。
地元民だからこそ、「今週はすごくがんばったから今夜は飲みましょう!」とか言わなきゃだw

| おやびん | 2011/05/15 12:26 | URL | ≫ EDIT

連投すみません!

くるみゆべし、私も大好きですぅ!!!w
ちなみに前回記事では、ままどおるより(同社の)エキソンパイの方が好きですぅ!ww

| おやびん | 2011/05/15 12:28 | URL | ≫ EDIT

ギリギリの状態で。

被災地の皆さま自身ががんばろうって
声をあげておいでなのでしょうね。
当地においても気持ちに温度差はあるのでしょうが、
前を向いて「光の射す方へ(糸井さんの言葉)」向かう気構えを
形に表していらっしゃる・・・ということでしょうか。
よそから、ガンバレという言葉はむごくて軽はずみには
発せられない言葉でしょうが。

胡桃ゆべし、美味しいですよね。
エキソンパイは??
きなこさんがお買上げし忘れたようなので、
ワタクシがお取り寄せしちゃいましょうかね。

きなこさんの行動力には脱帽するばかりです。
なんとかクローンきなこさんをニホンに置いて行っては
もらえますまいか・・・と祈願ちう。




| うらりー | 2011/05/15 12:48 | URL | ≫ EDIT

きなこさん、コメントのせて下さり有難うございます。大人は自己責任ですが、赤ちゃん、小さい子供達は大人の責任です。数字には気を付けていて下さい。 皆に明るい未来がくるのを心から願ってます。

| モコモコかあさん | 2011/05/15 13:00 | URL |

ありがとう

福島県飯舘村出身のわたし。きなこさん福島に来てくっちぇありがとね。色々ごせっぱらやげっけど、希望すてないで頑張っぺって思いながら、気持ちがついでがねー、って母が言ってました。10日で一歩でもいいよね

| ピーナ | 2011/05/15 13:50 | URL |

そうなんですよね

阪神淡路の時にも「頑張れ」が、一番傷ついた言葉だった・という人が多かったです。あと、「あなたは家が残ったからいいじゃない」とか「家族は無事だからいいじゃない」というのも、ものすごく傷つく言葉だそうです。当事者の傷みを本当に理解して、言葉をかけるって、難しいです。

…と、とかく阪神淡路と比べることも、本当はよくないんですよね。比べてどうする?ということを、話しておられる方がいました。

ほかにも宮崎の新燃岳のこととか、年末の山陰豪雪で漁船がたくさん沈んだ話とか、どっかに行っています。あと、長野も実は被災地だということも。どれも当事者の皆さんにとっては深刻です。

いわば災害だらけの土地に生きる国民として、今回の震災をきっかけに、考えることはいっぱいあるなあ・・・と思います。

| ラミー | 2011/05/15 14:20 | URL |

No title

AUSで「Don't work too hard!」って笑顔で声をかけられると、ほんとにホっとします。 日本語ではそれに対応するような表現が見付からないですね。。
私は辛そうにしてる友人を見ると「頑張らなくてもいいけど、負けちゃダメだよ」って言うんですけれど、今の被災地の方々には何を言ってあげたらいいのか。言わないほうがいいのかもしれないですね。

学生時代に福島が実家の友人が、帰省すると「くるみゆべし」と「ままどおる」と「エキソンパイ」をよく買って来てくれました。
美味しいですよね~ 日本のお菓子は最高です!

| 三毛猫ルビー | 2011/05/15 14:34 | URL |

そうですね… 言葉って 難しいですね。 頑張れって 言葉は 被災された方々より 被災してない人間に 対する 言葉かなって思ってます。節電 不要な買い占め 風評に惑わされない 事など… 私は東京なので 特に 頑張れって思ってます。関東地方でも 被災地あるんですよね。

| みたらし団子 | 2011/05/15 14:42 | URL |

No title

クライストチャーチの地震後、生活がある程度通常に戻るまで、テレビとインターネットが支えでした。
不謹慎に思われるかも知れませんが、そうでもしてないと暗い事ばかり考えてしまうんです。震災生活中だって笑いは欲しいです。
日本の地震と津波の後の過剰な自粛があったとき、「それじゃ避難生活している人の支えが減っちゃうじゃないか」と心配していました。

やっぱり、がんばったご褒美って必要だと思います。がんばり続けるのは大変です。
福島の人も時々は息を抜いて欲しいな。

| とも@クライストチャーチ | 2011/05/15 14:43 | URL |

No title

くるみゆべし!忘れてた。あの食感大好きだよ。ホントにいい旅でしたね。辛くてもがんばってる方々の息抜きにもなれたみたいだし。話を聞いてあげるだけでも気持がすっきりすることあるものね。震災後となればなおさらだと思うよ・・。一瞬でも忘れることが出来るものね。そんな瞬間を手助けできるのも私たちが温泉いったりとかしてあげるといいんだよね。うん、日帰りでもいいよね。

| わか | 2011/05/15 17:13 | URL | ≫ EDIT

言葉って、

難しいですよね。

私は、福島県浜通りに生息しており只今、?重苦の真っ只中。どうやって前に進んでいくのか本当に分かんないです…。

とある自動車屋さんに、『もう少しだけ頑張りましょう』って張り紙あって、笑ってしまいました。同感と、いつまで?って気持ちが、ごちゃごちゃと。

近所のコンビニが、津波で流された店舗跡で営業再開しました。嬉しさと後ろに広がる景色(お店は躯体のみ壁ナシ)に、気持ちはぐちゃぐちゃになりますよぉ~。

けど、当事者じゃなかった今までの自然災害。本当に他人事だったと猛反省です。

| ゆぅこ | 2011/05/15 17:17 | URL |

いつだったか新聞で、頑なに張る「頑張る」ではなく顔が晴れるで「顔晴る」と考える高校生の話を目にした事がありました。
笑顔でいられるように…と前向きな気持ちが伝わってくる文章で、頑張っているのに頑張れと言われ過ぎると心が折れちゃいそうな私には「顔晴る」だと素敵な言葉だなと思ったことがあります。
本当に言葉の使い方って難しいですよね。
良かれとしたことが、プレッシャーに感じたり苦しめてしまうこともあるし…

福島の和菓子といえば、柏屋の薄皮饅頭も美味しいですよ~。
大好きな一品です♪

| ぴよよ | 2011/05/15 18:48 | URL |

No title

本当に悲惨な経験をした方達の心が笑顔になれるには、まだまだ時間がかかると思います。しかも、義援金はなかなか手元に届かないみたいです、大変さ、想像に余りあります。

原発があんな状態なので、東京の私でさえ、心から笑えない気がします。
くるみゆべし、大好きなので取り寄せようかな。本当はダイエットしないといけないんだけど。

| ポコママ | 2011/05/15 20:07 | URL | ≫ EDIT

No title

「ガンバロウ」というのは大事だし、頑張らないと行けないのかもしれないけど被災者の人たちはすでに頑張っていますよね…。


きなこさん、私、やっぱり毎日ブログを読ませてもらっていて良かった。
今日の日記もなんかジワジワ効いてきてます、ボディーに。

| こぱんだ | 2011/05/15 23:16 | URL |

きなこさん、なるほど

キャッチコピーといっていいのかな?アレ、私も上手く言えない
けど違和感を感じてました。
なるほどな、確かにな
ずっとお腹が張っていたのが楽になった感じでした(^^ゞ
色々な方法でいい、私たちにできることっていっぱい
ありそうだなって思いました(^_^)
美味しそう~♪
私もかっちょよくビールをグビグビいける女になりたい。。。
(=_=)いかんせん100ccのビールで吐ける女です)

| HARUママ♪ | 2011/05/15 23:28 | URL | ≫ EDIT

No title

私の育った街もほとんど津波で流されてしまいました。
新聞の「亡くなった方」欄には、知り合い・同級生・親戚など
数えきれない程載っています。

「何を頑張ればいい? 何もかも無くなって何を頑張ればいい?」
って、知り合いに言われ言葉を失いました。

それからは、「からだを大切にね」
そんな言葉で電話を切ります。

ほんとに難しいですね、言葉。

| ぶんこ | 2011/05/16 00:38 | URL |

いやー、褒めて貰う程、都会じゃないっすよ、福島

ぁー、中合前だ、あの写真orz

とか言っちゃうんですがw
ツイッターで(あれで、返事合ってたんですかね?)雪降ってますって返事してみたあたしですが・・・・。

現在住居は仙台ですが、実家は、福島市内です。
月一ペースで帰ってますが、どっちも本当に大変デス。どっちも復興に向かってはいるんだけど、仙台は明日が見える復興。福島は、10年後になんのか?ペースの復興。
福島市も郡山市も、飯館の次に放射線量が高く、他県に居る私からしたら、いつ避難地域になんのか?って思ってます。って、実は、従姉妹がいわき市にいて、もっともっと複雑な思いはしているのです。

 福島の宣伝して頂いて、本当にありがとうございます。福島市は、過疎化に悩んでいて、街中も寂れてきていて。(私の幼少に比べて、”ヨリ”です)でも、餃子も美味しいし、温泉もある。くるみゆべしもあるし、あたしの大好きなままどおるもある。
あ!!!!
きなこさん!
飯坂温泉名物の、『ラジウム卵』お食べになりました?
東京に送ると、めっちゃ喜ばれる品らしい(←市民は、あんまり有り難がらないのですがw)のですが。
良ければ(そのうちw)送りますよ?

・・・でも、あたしは、ラジウム卵はラジウム卵。ご飯はご飯、の人なので、美味しさはちっとも分かりません。てか、好き好んで食べようとも思いませんが(きっぱり)。

| ほのか | 2011/05/16 01:49 | URL |

No title

きなこさん、、もしよろしければ、
福島旅行記を是非英語でもレポートして頂けませんでしょうか?
色んな国の人に福島のことを聞かれます。皆、県全体が壊滅状態じゃないかとか思っています。。。
政府の発表も不透明なのでデマが飛んでいる状況のようです。
避難所に食べ物は足りているのか聞かれました。

| 名無しさん | 2011/05/16 02:04 | URL |

No title

くるみゆべし!!
それもまいうですよねー
ああ なんか食べたくなってきた

| mike | 2011/05/16 08:00 | URL |

わかる!

当事者同士で話のも大事ですが、全然部外者(って言ったら失礼だけど)の人に話すの(聞いてもらうの)ってすごく大事ですよね。
私、家は無事だったけど、ガスなし生活1ヶ月で不自由しました。
津波で家をさらわれて、いまだに避難所暮らししてる人達に比べたら微々たる被害で、なかなか口に出して「大変・辛い・怖かった」って言えずに居ました。
もっと大変で酷い人が沢山いるんだから・・って。
でもやはりショックはショックだし、しんどかった。
そんな時、遠方の友達が、遠慮する私にお構いナシに「声が聞きたいから!」って電話してきて、2時間も「その瞬間」含め、大変だった事、色々話を聞いてくれました。
するとスッキリして、心が軽くなった事!
彼女は阪神淡路大震災を経験してて、この「聞いてもらう」って体験がいかに大事か、知ってたのでしょう。
聞いてくれた彼女に本当に感謝してます。
ケンちゃんもお宿できなこさんとお話できた被災者の皆さんも、きっと心が軽くなった事と思います。

| なお | 2011/05/16 09:53 | URL | ≫ EDIT

No title

人類がネアンデルタール人の頃、
狩猟民族として移動してた。

がれきと化した街を一から復興するのは大変
成長期の子供を持つ親は福島産の農産物は購入しないであろう。
原発周辺には今後住むことは不可能であろう。

やっぱノマドですよ。
だって、日本全国休耕田は山盛りあるし
現に淡路島とかは、「被災者の方きて!!」
って言っているのに誰もこないんでしょ。
福島産のレタスは買わなくても
淡路島産のレタスはバンバン売れるよ
同じ農業なら売れるものを作った方がいい。
しかも、淡路島っていいとろだしね。
淡路島以外にも受け入れ地いっぱいあるよ。
しかも関西は電気も物も安全な水もなんでもあるよ。
復興でがんばるのと、心機一転頑張るのと
未来はどっちが明るいのか考えてみてもいいんではないか?
 
全部失った人は
あんまり復興とかにこだわらずに
ノマドになってみるっていうのは考えないのかな?

被災地の人におこられちゃうけど
神戸の場合は、京阪神間の大動脈だったんで
素早い復興を望まれたけど
福島とか、宮城(除く仙台)とか、茨城とか、岩手とかは
立ち位置がちがうというか、
だから政府も仙台空港以外は素早い復興をしていないんじゃあないかな?

18歳で家を出て(家出じゃあありません、大学で)
それ以来、ノマドなもんでついつぶやいちゃいました。

何いってんのこの人
って、私のコメント読んで思った人は
それはそれでスルーしてください。
あっ、私阪神大震災経験してます。
なので復興するエネルギーは膨大で疲れることも知ってます。

| sunshine | 2011/05/16 10:56 | URL |

No title

GWにいわきの友人をたずねました。「なんでこんな時期に遊びに来るんだよバカヤロ~!」と憎まれ口を叩きながら顔をくしゃくしゃにして喜んでいました。
飲みながら「あんたたち、大丈夫なの?」と聞くと「地震とか放射能とか、おれたちが色々考えてもどうしようもねぇから、とにかく日々楽しく生きるしかねーっぺ」と。そんな言葉を心強く感じました。
帰京後電話で、来てくれてうれしかった。何もないどころか、ひどい状況のいわきにわざわざ足を運んでくれてうれしかったと。何度も何度も礼を言われました。
みなさん是非いわきに、被災地に遊びに行ってください。

| チョッパーママ | 2011/05/16 11:21 | URL |

No title

きなこさん、福島に来てくれてありがとう。
今までずっと、遠い国の別世界の人だと思ってブログを読ませていただいておりましたが、今回の大地震の後、ブルーな気持ちで過ごしている中、この被災地に観光に来てくれただけでうれしいです。
福島のこと、みんなに広めてくれるだけでうれしいです。
私の家は浜にあって、運よく今回の津波は免れましたが、次が来たらもうダメなところです。地震で家もガタガタになってますが、旦那もお父さんもおじいちゃんも長男でずっと続いてきた家です。
すべてを捨てていくことも選択肢でしょうがなかなかそれもできません。長男というのはそういうものです。
放射能もありますが、国が大丈夫だというので、それを信じて子どもたちと明るく過ごそうとしています。学校行事とかすごく制限されてますが、ここに住んで行かなければならない私たちは、国を信じていくしかないんです。
この震災が夢だったんじゃないかと思う毎日ですが、至るところに現実があります。早く元通りの生活に戻れるように、毎日明るく過ごしていこうと思っています。
これからもきなこ家の普通の暮らし、楽しみにしています。

| 浜っ子 | 2011/05/16 13:28 | URL |

No title

こんにちは。

きなこさんの言葉、正にその通りな言いたい事をぴったりに伝えてくれてるなぁと関心しました。

私達はほどほどに頑張ろうって、声がけしてます。
頑張り過ぎると疲れて、息切れしちゃいますからね。

テレビで流れる一人じゃないよ。って言葉がありがたかったです。


                         仙台市在住

| piaromama | 2011/05/16 16:41 | URL |

きなこさんありがとう

ずっと迷ってたんですけど、きなこさんの福島の旅ブログとみなさんのコメントを見て決心しました。来月 福島に行きます。何ができるわけでもないし、正直遠いので新幹線に乗ってる時間の方が滞在時間より長いけど、行きます!風評被害なんかに負けないでっていう気持ちを届けるためだけに行きます。地震や津波は天災だけど、風評被害は人がつくったもの。それをどうにかするのはやっぱり人しかないと思うから、きなこさんのくれた勇気を持って福島へ旅してきます。

| まい | 2011/05/19 14:53 | URL |














TRACKBACK URL

http://clubmonaka.com/tb.php/1740-dee2a6de

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT