☆つれモナ☆

2009年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年02月

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

BACK TO SCHOOLの謎






1001211



スバらしいですね、きうりは。
な~んにもしなくてもジャンジャン育つ。
そして毎日ぐんぐん大きくなる。

わかりやすくて非常によろしい。
育ち方に好感がもてる。


1001212

1001213




ところでニュージーランドはそろそろ夏休みも終わり
新学年が始まるらしいです。(日本でいう4月の感じ)

というわけで、連日いろんなところから
文房具満載のチラシが入ります。

チラシ好きとしては楽しい限り♪



1001214



あたしはこっちの学校を出たわけではないので
詳しいことはよくわからないんですけど
ノートとかそういうのって科目ごとに指定があるらしく
この時期になると膨大なリストを持って
親子で買い物してる姿をよく見かけます。

友達に一回見せてもらったことがあるんですが
ほんとに細かく決められてて、けっこう面倒らしい。


1001218



なんでしょうね
キャラものとかで華美にならないように
とかいう理由なんでしょうかね。


でもわたくしとしては
このノート業者と学校との間に
オトナの約束が交わされていたりするのでは?
・・・などとドス黒い想像をしたりしなかったり。



そしてもうひとつ不思議だなあと思うのは
新学期になると地域のフリーペイパーに
いろんな学校がいっせいに通達を掲載すること。


1001215



何年生は何月何日の何時に
どこに集合してください、とか
そういうことが細かく書いてあるんですけど

コレなんでわざわざ新聞にのっけるのかしら。 (゜ー゜?)


しかも複雑すぎますよね。
あたしみたいなお母さんは絶対ムリですね。
うちの子だけ違う日に違う場所に集合しますからね。

なんでこんなに小分けにするのかしら。
体育館で始業式すればイッパツで終わるのに。


1001216




・・・・謎だ。(-ω-;)


うちにコドモがいない以上
決して解決されることのない謎だ。


まぁどうでもいいけど。

とりあえずコドモたちはすみやかに学校に戻って
静かな街をオトナに返してください。
よろしくお願いします。<(_ _)>







キミも行ってみなさい。
人気ブログランキング ←人気ブログランキング




\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ☆つれモナ☆の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

| NZ生活 | 13:31 | comments:20 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

すごい本に出会った!





とてつもなく面白い本に出会ったので
どうしてもご紹介したいのですが
あまりにも「ご紹介したいどころ」が多すぎて
なんかものすごい長文になってしまったので
興味と時間のある方だけ読んでいただければコレ幸い。



46年目の光―視力を取り戻した男の奇跡の人生



3歳で失明してから43年後、46歳の時に
角膜上皮幹細胞移植手術によって視力を取り戻した
マイク・メイという実在の人物の話です。

目が見えないとはいっても
とにかく生涯のモットーが

「冒険しろ」
「好奇心を大切にしろ」
「転んだり、道に迷ったりすることを恐れるな」
「道はかならず開ける」


・・・という人なので
自転車は乗るわスキーで世界記録は出すわ
CIAの分析官になるわビジネスを立ち上げるわ
しかも女性にモテモテだわで
彼のサクセスストーリーとしても相当おもしろいんですが
やっぱりメインは目の手術に関する話。


1001158


失明した方が視力を取り戻したらさぞや喜ばしいのだろうな
などとわたしなんかよく思うのですけれど
実際はそんな簡単なことではないようですね。


「目が見える」という目のはたらきと
「見て理解する」という脳のはたらきは別モノで
たとえば人の顔を見分けるとか
奥行きを推察して三次元で物を見るとか
手前の物が大きく見える遠近感とか
そういうのは脳が訓練を積んだ結果なんだそうです。

なので、43年間も目が見えなかったマイクは
いくら視覚が正常に戻ったとしても
脳がその機能を長らく使っていなかったため
手術を受けた後も「見えるのにわからない」
というジレンマに苦しむことになります。


こう書くと難しそうですが
たぶん海外に行ったことのある方はほんの少しだけ
似たような経験があるんじゃないかと思います。

たとえば高速道路なんかで出てくる行き先の表示。

日本語なら「銀座」とか「渋谷」とか書いてあっても
「ぎん・ざ」とか「しぶ・や」など読んでいるわけじゃなくて
なんとなく画像として判別してるんですよ、きっと。

でも英語だとパッと見て判断することができないので
わたしはNZに来てしばらくの間
運転しながら全部読まなきゃならなくて苦労しました。


1001155
慣れないと自分が必要としてる情報がどれなのかもわからない。




道路だけじゃなくてお店の看板とか本のタイトルとか
とにかくありとあらゆるものを全部読まないとわからなかったのですが
今となっては日本語とおなじようにビジュアルで入ってきます。
これもわたしの脳がそういう訓練を積んだからであって
しかもその機能というのは、子供の頃に使い始めないと
別の用途に使われてしまって取り戻せないんだそうです。


マイクがどんなにがんばっても
人の顔を見分けることができないのはこのため。

外国人が日本人を「みんな同じアジア人」としか思えないとか
逆にわたしたちが外国人を見分けられないというのも同じ理由で
単に慣れてないだけなので、訓練すればわかるようになります。

でもマイクは3歳で視力を奪われてしまったために
そこに使われるべきだった機能は別の仕事に回されてしまい
いまさら復活させることは不可能なんだそうです。


1001156
ファーマーが何百頭もの羊を見分けられるのも訓練しているから。




それから視力を取り戻すと
あらゆる情報が一気に流れ込んできて疲れる
・・・というふうに書いてあるのですが
これもなんとな~く理解できる。

というのもわたし自身、0.03しかなかった視力を
レーシックで1.5ぐらいまで回復したんですけど
その後しばらくは、まさにそんな感じでした。

聴覚もそうですけど、人間の感覚って
自分に必要なものだけを選別するフィルター機能
みたいなものが備わっているじゃないですか。

目も、必要なもの以外は自然に焦点がぼやける
・・・みたいな感じになってると思うんですよ、普通。
でもレーシック手術の後はとにかく見えるものすべて
均等に焦点が合ってしまってものすごく疲れました。

なので、ちょっとそういう感じなのかなぁと。


それ以外にも、わたしたちの日常生活では
ありとあらゆるところで脳と視覚が連動しているため
せっかく視力を取り戻してもこの問題で疲れ果て
鬱になってしまうケースも多いそうです。


1001157
遠くになるにつれて道が細く見えるのも、脳のはたらきによるもの(だそう)。



マイクもさまざまな検査の結果
「どんなに努力をしても、
あなたはスムーズに物を見られるようにはならないと思う。
普通の人と同じようにはならない。
途方もない重労働がずっと続くことになる。」

・・・と医師から宣告され
一度は投げやりになるのですが
この人がすごいのはここから。

いったん落ち込んだあとは
「どうすればもっとよく見えるようになるのだろう」ではなくて
「自分が他人より上手にできるのは何だろう?」
という方向に気持ちを切り替え
一般の人よりも優れている触覚や音の反響、記憶力などを駆使して
スムーズに物を見る方法を編み出していきます。


このあたりのところは読んでいて
感動というよりスカッとする。



1001159
「犬」は知っていても、こうして写真に写ったものがあの「犬」だとは
認識できなかったりするそうです。(触れないので)




とにかくこの人の超ポジティブな思考には
同感することばかり。

大変おこがましいことではありますが
もしわたしが同じ立場だったらこうするだろうなあ
・・・ということをバシバシやってくれるので
読んでいてとても気分がよかったです。

マイク・メイの人生を追うストーリーと
視覚のしくみを解説する図解付きの文章のバランスもいいし
なによりも翻訳がとても自然で読みやすい。

450ページもある分厚い本で、しかも内容がこんなに濃いのに
あっという間に読めてしまう
というか、どんどん先が読みたくなってしまいました。

ずいぶんたくさんの本を読んできましたが
こんなに面白い本にはなかなか出合えません。
本なんて好みがあるんで「おすすめ!」とか言えませんが
少なくともわたしにとっては人生でベスト10に入る。かも。








目ってすごい・・・
人気ブログランキング ←人気ブログランキング




\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ☆つれモナ☆の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

| 読書ノオト | 11:09 | comments:25 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

昔話のルール





普通の家庭でフツーに育ったはずなのに
うちのオットはなぜか
童話とか昔話とかをよく知りません。

ていうかこの間
「童話と昔話ってどう違うの?」
・・・と聞かれました。


えぇっ、そこから!?(((((゚ロ゚屮)屮



1001151



いや、よく知らないけど。 ┐(´-`)┌

でも「へえ」って納得してたのでそういうことにします。


そんなオットと先日テレビを観ていたら
童話や昔話をテーマにしたクイズ番組をやっていて
こんな問題がありました。

「かさじぞう」で、お地蔵さんにかぶせる笠が足りなくなってしまい
困ったおじいさんは代わりにいったい何をかぶせたでしょうか?

(こたえ:手ぬぐい)



こんなの常識じゃないですか。

しかしオットから出たのは予想外の答え。
答えっていうか疑問。



「なんで?( ・◇・) 」



どうやら「なんで足りなくなったの?」
ということらしい。


1001152



なんでとかないっ!ヾ(`◇´)ノ彡☆


なんで?とか言ったら始まらないの。

なんで一寸法師はちっちゃいの? とか
なんでシンデレラは靴が脱げちゃったの? とか
なんで赤ずきんちゃんは1人でおばあちゃんちに行くの? とか

そういうところはオトナの対応をしてもらわないと
この業界ではお話がはじまらないの。


3歳児かよ。( ̄‥ ̄)=3



1001153




あとねえ。


「さるかに合戦」で、サルが柿の種と交換したものはなんでしょうか?

・・・という問題には自信満々で




「柿!! (o゜◇゜)ノ 」

(正解:おにぎり)





あのねえ。



たしかにそこで柿と交換しておけば
サルは後々カニが育てた柿を強奪する必要もなく
カニ的には搾取されるだけされて殺されることもなく
サルとてなにもあんな悲惨な末路を辿ることもなく
きわめて平和的かつ友好的に取引が成立したと推察されますが。



でもねえ。


よく聞いてちょうだいオット。




それじゃ話がはじまんないの。








親の顔が見たいぜ。
人気ブログランキング ←人気ブログランキング



\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ☆つれモナ☆の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

| ヨメLIFE | 11:01 | comments:19 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ウイスキーもお好きでしょ






わたしは基本的に水割りとかお湯割りとか
なんとかサワーとかいう「割りモノ」が苦手で
氷を入れるのが精一杯、というロックな人なんですけど
(氷とロックをかけてうまいこと言ったつもり)

唯一好んで飲むのが「ハイボール」です。
ウイスキーのソーダ割り。


・・・といってもお店でしか飲んだことがないので
こんなもの混ぜりゃいいのかと思ってましたが
ホントはこうやって作るとおいしいらしいです。






ちなみにグラスに氷だけ入れた状態で
グルグルかきまぜるとものすごく冷えるので
このひと手間を加えていただけるとよりおいしいかも。

でも氷をグルグルしてる姿は決してスマートではないので
小雪ママにはおすすめいたしません。


でもアレじゃないですか
「ハイボール」って、響きが昭和じゃないですか?

なんかちょっと
昭和のお父さんぽくないですか?

血中おやぢ濃度87%のあたしも
実は「ハイボールください」って頼むのは憚られて
「●●(ウイスキーの銘柄)のソーダ割りください」って言いますもん。

でもまあ、小雪ママのCMのおかげで
「ハイボール」がおされになるならばたいへん喜ばしい。



1001181
電気ブラン=浅草にある神谷バーの名物。




ところで「家飲み」する際に重要なのが
氷を入れる例のアレですけども
なんていうんですか?英語ではice bucket。

あればカッチョいいなあと思っても
いざ買おうとするとけっこう高かったりして
まぁ別にどうしても必要なものじゃないし
なきゃないでどうにでもなるし
誰かがくれるとか景品でもらえるとか
なんかそういう機会でもあればコレ幸い

などとグダグダ言いつつ
結局買わずにいるグッズ№1
・・・みたいな物ですよね、アレ。

でもうちにはあるざんす。
しかも超マハラジャな感じのが。

ほら。


1001183



アンティーク、ていうか70年代のもので
結婚祝いにもらって40年間ず~っとしまい込んであった
・・・というのをオークションで買ったんですよ。

両側のサーベルみたいなのがマドラーになってます。

なかなかゴージャスでよろしゅうございます。


手前にあるのは銀座のおねいさん方が
先日オットへのクリスマスプレゼントに下さった
バカラのグラス。バカラの
(2回言った。しかも大文字)


焼酎を飲むのにこういう形のグラスが欲しいな~
・・・と言ってみたら本当に送ってくれたそうです。

おかげでお正月には大活躍♪

他にもDVDとかエヴァのプラモとか(!)
大きな箱にいろいろ詰めてくださいました。
さすが銀座のおねいさん達は気が利いてます。
ありがとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。<(_ _)>



ならばヨメも。


ハイボール飲むグラスも欲しいな~・・・(  ̄3 ̄)~♪


とか言ってみる。


でも洗うのが怖いんで
イトー●ーカドーのでいいです。(じゃあ買え!)








こういうバーテンダーさん、いそう。
人気ブログランキング ←人気ブログランキング







\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ☆つれモナ☆の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

| 魔王ミッション | 12:29 | comments:27 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

だ~れもいないと思っていても





PCに向かって座ると
右手後方に犬ベッドがあるため
たいていこういう光景なのですが




1001131




まれに殺気を感じて振り返ると
こんなことになっていたりして焦ります。




1001132





な、なにっ!?(((((゚ロ゚屮)屮





しばらくしてまた見ると
こんな光景に戻ってるのですけども。



1001133






あと、トイレから出てくると
こんなことになっていたり。




1001134





片づけものをしていて
ふとドアのほうを見ると
こんなことになっていたり。




1001135




バスルームで化粧していて
何気なく横を見ると
こんなことになっていたり。




1001136




毎日ドキドキします。












たまにダブルになります。
人気ブログランキング ←人気ブログランキング




\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ☆つれモナ☆の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

| グレイハウンドの世界 | 07:22 | comments:37 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ななめ45℃のヨメ






いま、声を大にして言いたいこと。



夏はどこですか~っ!?( 」´0`)」



1001146



寒いよぉ・・・・。

コタツ出したいよぉ・・・。


そうこうしているうちに
夏が終わっちゃったらどうしてくれるんでしょう。

夏だけを心の支えに1年生きてきたのに
精神的ダメージが大きくて損害賠償を請求したいです。(泣)




さて、寒いのでパンを焼いても全然やぶさかではないわが家には
最近こんな画期的なものが導入されました。


1001147
・・・という名称らしい。(日本では)




なにぶん根性が曲がっているもので
パンもまっすぐ切れないんですよ。

こういうの、ちょっとバカにしてたんですけどね
ガレージセールで見つけたので使ってみたら
なんだかものすごく便利じゃないの。


隙間のところにパンナイフを差し込んで
こうやって切ります。
パンを動かせば微妙な厚さ調整も可能。


1001148



ただこれだけのことだけど
ホントに便利なグッズです。




唯一にして最大の問題は
どの隙間だかわかんなくなることです。



1001149




・・・と思ったら
日本のはこんな形でした。






さすが!(*゜▽゜ノノ゛☆

なんかよくわかんないけど
すごいぞニッポン!!!

なんつーかこの発想の違いが
まさに国民性の違い!という感じで
あたしは妙に納得してしまったのでした。








単純だが無駄にデカいのがNZ流。
人気ブログランキング ←人気ブログランキング








<おまけ>

カットガイドのお店をのぞいてたら
こんなものがありました。
NZはディスポーザーが普及してるので久々に見ましたが
三角コーナー事情はえらいことになってるんですな。


なんでもおされだなあ、日本。




\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ☆つれモナ☆の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

| ヨメLIFE | 10:45 | comments:26 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ヨメ、虫と戦う






うちには今、世にもかわいいコがいます。
モナカアイスよりかわいいかもしんない。
毎日このコに会うのが楽しみでたまりません。


そのコの写真、見ます?


見たいですか?


え~、どうしても??



しょうがないなあ。(*・ε・*)



じゃあちょっとだけね。




1011141



・・・・萌~♪ (*´ -`)


バカでかい西洋のやつじゃなくて
日本のキュウリを種から育てているので
かわいさもひとしおです。

まだ3センチぐらいなんですけどね
毎日スクスク成長してるのが
たまらなく愛おしい。


まぁ最終的には食べるわけですけども。



他にもいろんな野菜を育てているんですけど
どっかから必ずやってくるんですよね、アイツが。
アブラムシが。



1001142
予想外に似ててなんかすいません。



あたしのかわいい野菜たちを脅かすだなんて
断じて許せない。


でもコイツを退治するのに薬は使いたくない。

無農薬野菜が食べたいから
・・・とかいうロハスな理由ではなくて
単純にめんどくさいからです。

ほらマスクしろとか手袋しろとか
収穫の何日前には使用をやめろとか
そういうややこしいことには対処できないもんで。


ネットで調べてみたところ
牛乳とか木酢液とかいろいろ出てましたが
とにかく呼吸する穴をふさぐように
膜みたいなものをつくっちまえばいいらしいんで
水にサラダ油をちょっと混ぜてスプレーしてます。

これが効果絶大。

しかも目の前でこのアブラムシ野郎たちが
水+油の膜に包まれて悶絶する様子を
つぶさに観察できるのがたまらなく楽しい。


もはやコイツらが潜んでいる場所は調査済みなので
葉っぱの裏側とか新芽のとこなんかをこまめにチェックして
見つけたらそこ目がけてシュパッ!とね。
逃げても地面に落ちてもどこまでも追いかけてシュパッ!とね。




・・・・・・・・・( ̄▽ ̄)




1001143




あとね、ちっちゃいクモの巣なんかに
害虫が引っかかってるとこを見つけると
「グッジョブ、クモ!! 」と思います。

クモに親近感を感じたのは生まれて初めてです。


意外にイイ奴かもしれません。










クモの巣が苦手な方のためにイメージで表現してみました。
人気ブログランキング ←人気ブログランキング
予想外に似ていない。



\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ☆つれモナ☆の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

| ヨメLIFE | 12:37 | comments:26 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今年も英語は「へえ」だらけ





2010年になってやたら
「New decade」 という言葉を耳にするんですが
つまり「新しい10年」ていう意味なんですけど
これって日本語だとあんまりピンときませんよねえ。


一方、ここ数カ月すごく流行ってる曲があって
なんか癒し系でとても美しい歌なんですけども
タイトルが「Fireflies」 っていうんですよ。
まぁつまり「ホタル」なんですけど
Firefliesって言われるとちょっとねえ。
ハエ科って感じでねえ。



↓英語の発音ていうか発声が心地よくて好き♪

Fireflies (2-Track)



でもって、突然ですが
先日うちの大家夫妻(といってもまだ30代)
と話していた時のこと。


大家ヨメはアイルランド人なんですけど
2年ほど日本に住んでいたこともあって


「ね~『Good Bye』のこと、なんて言うんだっけ?」
・・・と聞かれたので
「さようなら、じゃない?」と答えたら即座に
むしろ若干カブり気味に



NOOOOOO!!!(;`O´)o



・・・と全否定されました。



日本人のあたしが言ってますのに。


1001081



「ていうか日本人が『さようなら』って言うの
あたし一度も聞いたことない!」
 だって。


・・・たしかに。( ̄  ̄) 


そういえばあたしも今までの人生で
「さようなら」なんて言ったことないもん。
なんですか「さようなら」って。
死語ですか?


そのかわり「どうも~」っていうのは
よく聞いたらしい。

そうそう、「どうも」は便利な言葉なのよ。

「こんにちは」も「さようなら」も
「ありがとう」も「すみません」も
もう何でも「どうも」でOKなのよ。

マオリ語(NZの先住民の言葉で公用語)で言う
「Kia Ora!」みたいなもんなのよ。


1001082


・・・な~んて言っていたら
南島出身のKiwiである大家オットが突然
「そうなんだよ!それは英語にないんだよ!」
と乱入してきました。

彼はフランスのチームでプレイをしていた経験もある
元プロのラグビー選手。(今はただの飲んだくれ)


フランス語だって「salut!」 とか言うのに
英語にはそ~ゆう言葉がないんだよ。
だからイングリッシュスピーカーはいつも
「チャオ!」だの何だのって外国語をインポートしてるんだよ。
ほんと英語は使えねーよアホだよまったく! ヾ(`◇´)ノ彡☆



・・・と力説。


なるほどねえ。

そんなの考えたことなかった。



1001083




面白いっすねえ。

いや~すいません
なんのオチもありません。 ( ̄∇ ̄*)ゞ


ただ単純に「へえ」って思っただけ。


それだけ。



NZ在住16年目に突入しますが
まだまだ英語は「へえ」だらけです。





人気ブログランキング ←人気ブログランキング
うん、なかなか美しいシルエットだ。



\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ☆つれモナ☆の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

| NZ生活 | 13:01 | comments:29 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

そんなこともある






そう、人生においてムダなことはひとつもないのです。


なので


たとえお気に入りのカップ&ソーサーを出す時に
棚にぶつけてソーサーがちょっと欠けたとしても


ハンバーグを皿に移そうとしたら
開けっぱなしの引き出しに肉汁がダダ漏れして
中にあるラップやら麺棒やら巻きすやらが
油でギトギトになったとしても


シンクと食器棚の間にある
ほんの1センチぐらいの隙間から
白菜キムチがひとかけら落ちたとしても



そういうことはすべて
長い目で見たら決してムダな経験ではないのです。



1001121




そうです。( ̄‥ ̄)=3


きっといつか


「あぁっ、あの時あそこに
キムチを落としておいてよかった!」




・・・と思う日が来るのです。



1001122




・・・・・・・・・・・・・・・・。



・・・・・来ないこともあります。( ̄∇ ̄*)ゞ





だから人生は面白い。(うそつけ!)









たまには押してみるのもムダではない。
人気ブログランキング ←人気ブログランキング





あ、上は1センチぐらいの隙間なんですけど
下のほうは広くなってるので
キムチはちゃんと拾えました。
よかったです。C=(^◇^ ;




\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ☆つれモナ☆の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

| ヨメLIFE | 13:15 | comments:17 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

きなこの贈ることば






グレイハウンドカレンダーによると
今日は COMING-OF-AGE DAY だそうで
いったいなんのことだか全然わかんなかったんですけど
「成人の日」なんですねえ、なるほど。


1001111


あたしはおバカ女子大生だったので
成人式には両親に買ってもらった振袖を着て
終わったら彼氏とデートしたんですけど
たしかホテルのラウンジでお茶しただけで
送り返されたんですよ、あたし。

「成人式なんだから、ちゃんとご両親と過ごしなさい」
・・・的なことを言われてね。

その時はちょっと「えぇっ!?」なんて思ったんですけど
今となってみると彼の判断はまったくもって正しいです。

なんてキチンとした素敵な彼氏なのかしら。
そりゃおかーさん受けイイはずだわ。
そりゃそうだわ。



1001112



ところで当時のわたくしは
マハラジャ大学に通うバカ女だったので
周りには似たようなお嬢ちゃんとお坊っちゃんしかおらず
毎日おもしろおかしく暮らしていたんですけども
よく考えてみたら同じ二十歳だって
働いている人もいればお母さんもいるわけで
そんな当たり前のことに気付いたのはずっと後になってからです。

あぁホントにバカだったんだなあ、あたし。


今でもたいして変わらないけど。┐(´-`)┌



1001113



でもあれからあっという間に四半世紀が経ち(!!)
あんなことやこんなことも経験してきたわたくしから
成人式を迎える若人になにか一言お贈りするとすれば


「人生において

ムダなことはひとつもない」


(ような気がする)



・・・ということです。


ていうかね。


あんなことやこんなことが
ムダにならないようにうまいことやんなさいよ(`∇´ )


・・・ていうことです。



1001114




あと、転んでもタダじゃ起きない。

すっごい転びますからね、人生は。
転ぶのはしょうがない。
でもタダで起きちゃダメ。

むしろ
「あの時転んだおかげざんす ヾ(  ̄▽)ゞオホホホホホ」
・・・ぐらい言ってみる。


ま、そんなとこかな。







もうちょっと含蓄のあることが言える大人になりたいです。
人気ブログランキング ←人気ブログランキング







\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ☆つれモナ☆の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

| 雑談 | 15:01 | comments:24 | trackbacks:1 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT