☆つれモナ☆

2005年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2005年05月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

自分にできること





このところ急に冷え込んで、もうすっかり冬支度です。
今日は風も冷たいし、これから雨も多くなるし・・・
寒さ嫌いの私とモナカくんにとって、これからの季節はちょっと気が重いなぁ…
なんて思いながら行った5回目の訪問。
でも、エントランスで会ったいきなりおばあちゃんに大喜びされて、すっかりイイ気分です。
我ながらホントにお調子者な性格。

therapy2604051


ヘレンさんは今月いっぱい休みなので、今回もキャロルさんと電話でアポを取りました。
彼女はお母さんを見舞うために毎日来ているのですが、とても上品で優しい女性です。
こんな家にホームステイしたらきっと幸せだろうなぁ、なんて思ってしまうほど。
電話するといつも「で、モナカはどう?」と気にしてくれるほどの犬好きです。
お母さんはもうほとんど話せないのですが、やっぱり犬が大好きだとのこと。
モナカを見る目がいつも優しく笑っているのでわかります。

ヘレンさんがいない間は、まず1階のお母さんの部屋にいるキャロルさんに声をかけてからお部屋を周り、
最後にまた一声かけてから帰ります。
今日は「これからピアノを弾きに行くから、ココにいなかったらラウンジよ」と言われました。
そして30分後、2階のラウンジからピアノが聞こえてきたので行ってみると、
キャロルさんが歌いながらピアノを弾いていました。
ラウンジには数名のおじいちゃん・おばあちゃんとスタッフの女性。
シーツをたたみながら一緒に歌ったりしています。
なんだか楽しそうだったので、モナカと一緒にしばらく聞いていました。

実は私は小さい頃からピアノを習っていたのですが、NZに来てからはピアノのある生活などしていないので
弾く機会もなく、このまま弾かずに終わってしまうのかなぁ、なんて思っていました。
でも、こんな風にピアノを弾いてみるのもいいなぁ、と今日はひとつ勉強。
モナカくんも私もみんなも、自分にできることをすこ~しやればいいんだなぁと思いました。

therapy2604052


ところで、今回から訪問後にカードを提出することになりました。
チームリーダーのニーナさんがまとめて送ってくださったのですが、訪問の日時や場所、人数、
その他コメントを書きこんで、7日以内にST. JOHN'Sの本部に送ることになっています。
もちろん送料無料のポストカード。
訪問しっぱなし、というのが少し気になっていたので、こういうのは大歓迎です。

| セラピー犬への道 | 14:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

モナカくん楽しむ!





ちょっと間があいてしまいましたが、今日は4回目の訪問。
4月はコーディネーターのヘレンさんがオーストラリアに行っているため、1ヶ月お休みです。
NZの人達はオーストラリアに家族がいる人が多いし、航空運賃も安いのでよくオーストラリアに行きます。
オークランドの人は南島に行くよりシドニーやゴールドコーストに行った方が安いのです。
日本でも沖縄より韓国の方が安かったりしますが、それと同じですね。
それにしてもこうして1ヶ月も休みが取れてしまうなんて、NZの職場環境はうらやましい限り。

というわけでヘレンさんがいないので、今回のアポはキャロルさんにお願いしました。
彼女は毎日お母さんに会いに来ている、ここの「主」みたいな女性。
といってもいつもキレイに身だしなみを調えている、お上品なマダームです。
アポを取るために彼女の家に電話をしなければならなかったのですが、
「朝9時半までにしてね。早いのはいくらでも早くて大丈夫だから。」とたのもしいお言葉。
といっても、私は朝が弱いので結局ギリギリ9時過ぎに電話したんですけどね。

therapy1304052

4度目ともなると、受付のジュリアンさんも「はい、もう勝手にどーぞ」とノーチェック。
まずは今日も1階から順番に上っていきます。
毎回だいたい2時ごろに訪問するので、半分ぐらいのお部屋はいつもお昼寝中。
起きている人のうち、犬が好きな人を訪問しているので、訪ねるお部屋もだいたい決まってきます。
私にとっては顔見知りになれてとってもラクなのですが、反面これでいいのかな?という疑問もあり。
本来の目的からすると、「犬なんて」と思っている人とか、特に犬好きというわけじゃないけど…
という人たちにもどんどん接していくことで効果が上がるのでは?という気もするのですが
まぁそれはそのうち、ということで、とりあえず今は私とモナカが慣れることを優先させてもらおうと思います。

therapy1304051

今日は訪ねたお部屋のおばあちゃんに「ついでに窓を開けてくれる?」なんてお願いされたり、
60年前の結婚写真や家族の写真、クロスステッチの作品などについてお話してくれたりして
私が勝手に1人でしゃべっていた今までとはちょっと違う感じでした。
すこ~しずつ、役に立ってるのかなぁ、と思いますが、さてどうでしょうね。
モナカくんはとりあえず、いつもとっても楽しそうです。


| セラピー犬への道 | 14:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |