☆つれモナ☆

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ダリを学ぶわたくし











日本では「ダリ展」にも行ったので
スヌーピー、マリー・アントワネットに続き
六本木に連日通っていたわたし。

じゃあ六本木に泊まれよ! ☆ヾ(-Θ-:)
・・・と、われながら思いました。



1611212.jpg




わたしは美術や歴史の知識が小学生以下なので
本当は詳しい方に案内してもらいながら
質問攻めにしたいところなのですが

そうもいかないので
音声ガイドがあればだいたい借りています。

マリー・アントワネット展の時は
木村佳乃さんがナビゲーターで
マリー・アントワネット役を花總まりさん
フェルセン役が平川大輔さんが担当していて

まるで壮大なドラマを聞いているようで
それはそれは面白かったのでおすすめです!


ダリ展のナビゲーターは
竹中直人さん。



1611211.jpg



これはちょっとね
わたし的にはあまり満足ではなかった。

もちろん竹中直人さんのせいでは全然なく
ナレーションも素敵お声なんですけども

作品の見方とか隠されたモチーフなどの
「しかけ」や「しくみ」をもっと説明してほしかったな。

わたし的には、です。(・3・)



ところでわたしは別にそれほど
ダリが好きだというわけではないのですが
現役の頃をリアルタイムで知っているので

巨匠というよりもっと親しみがあって
「なんかヘンなおっさん」 (失敬)というイメージがある。

考えてみたらわたしがちいさい頃は
ダリもピカソも岡本太郎もご健在で
ものすごく贅沢な時代だったのだなあ。



1611214.jpg




その後大学でゼミの教授と一緒に
スペインのフィゲーラスにある
「ダリ劇場美術館」というところを訪ね
めちゃめちゃ楽しくて「うほー!ダリ最高!」と思った。

本物のダリの作品を使った
ものすごくゴージャスなテーマパークのような所で
有名な「雨降りタクシー」もここにあります。

また行きたいなあ。。。(*゜▽゜*)


なのでなんとなくわたしは
ダリの作品とは静かに見学するものではなく
一緒に遊ぶもののような気がしていたのですが

この展覧会では
ダリとは「ヘンなおっさん」ではなく
天才芸術家なのだという(当たり前の)ことを
順を追ってきちんと学べるようになっており

今さらながら「へえ~!」と
感心することばかりだったのでした。




1611213.jpg




その中で唯一(わたし的に)ダリっぽくて
撮影もOKだった場所がこの「メイ・ウエストの部屋」です。

これは劇場美術館の作品を再現したものだそうで
近くで見ると唇型のソファがあるお部屋なんだけど
ある角度から鏡に映してみると
女性の顔に見えるというもの。

まん中で仁王立ちしているのはわたしです。ヾ(´ε`*)ゝ

鏡なのでどうがんばっても自分が写ってしまうのですが
なにも仁王立ちしなくてもねえ。



というわけでいろんな意味で
勉強になったダリ展でありました。









若い頃はイケメン
人気ブログランキング
人気ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ グアム情報へ
にほんブログ村






そういえば腕時計(ソフトウォッチ)持ってたなあ・・・

















今週もよろしくお願いします
クリックすると別窓で開きます







| TOKYO日記 | 11:25 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

築地でオトナ食い









築地に行ったよ。



1611121.jpg




勤めていた会社が築地にあったので
当時はよくランチなど食べにきていたのですが
思い返せばすでに25年ぐらい前であった。。。。

それ以来はじめて行ってきました!

一緒に行った友人は2か月に1回のペースで
買い出しに来ているそうで(普通の奥さんだけど)
すでに築地の達人と化していた。


まずは彼女の指令により
お団子を買いました。



1611123.jpg




なぜ築地に来ていきなりお団子なのか?
今買わねばならないのか?
ここで買わねばならないのか?

・・・と、数々の疑問がよぎりましたが
そこは指令に従うまでであります。( ̄- ̄)ゞ

でもたしかに超美味しかったのであります。
こりゃ買うわ。



1611122.jpg



ちなみに場外にもお店があるけど
場内のほうが柔らかくて美味しい(友人説)
しかし売り切れる

という理由により
いきなり団子購入の運びとなったそうです。



ひと通り見て回ったら
こちらのお店でてんぷらを。




1611125.jpg




てんぷらにしようかお寿司にしようか
悩んだ末に「両方食べる」という
オトナ買いならぬオトナ食いを決断。

しかしこちらのお店は
まず一品ずつ少量のてんぷらを
カレー塩や抹茶塩などでいただいた後

ほんの少量の天丼が出てくるという
たいへんお上品ですばらしいお店なのでした。



1611126_201611141622024a6.jpg



これならお寿司も全然いけるねー!
とか言いつつ

そのあと少し歩き回って
お寿司屋さんへ。

実はさっきのてんぷら屋さんの
向かい側にあるのですが
さすがにちょっと運動したほうがよかろうかと。



1611124.jpg



こちらは江戸っ子のおじさんが
威勢よく握ってくれます。

お味噌汁がついて
なんとこれで1000円。

美味しかった~!!!


しかしわたしは
「寿司屋で長居は無粋」 という
江戸っ子の強迫観念にとりつかれているため

出された途端にじゃんじゃん食べて
とっとと帰ろうとするため
友人に「早い!!」と叱られるの巻。_(^^;)ゞ




1611127.jpg



おなかがいっぱいになったので
一気に買物を済ませます。

築地は2時ごろ閉めるお店が多いから
急がないとね。

わたしはお正月用の数の子と
しらす、昆布、海苔を大量購入。

友人はマグロと牛肉、鴨鍋のセットなど
馴染みの店でばんばん買っていました。

おなじみさんになると
取り置きしてくれたり
並んでない商品を出してくれたりするのね。

わたしも友人のツテで
数の子を買うのにおすすめのお店を教えてもらいました。

いいわー、築地。



1611128_201611150901311e9.jpg




次回は帰国直前に立ち寄って
ぜひとも新鮮な魚介類を仕入れて帰りたい。
(海のものは持ち込みOK)

その日の夜に食べるためには
うーん、何時から買い出しに行って
何時の飛行機に乗ればいいんだろう、と

けっこう真剣に考えているわたくしであります。









すしざんまいってたくさんあるのね
にほんブログ村 海外生活ブログ グアム情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキング
人気ブログランキング




去年はコレ買いました。大正解!

パリパリですごく美味しかった
















こちらもよろしうどうぞ
クリックすると別窓で開きます









| TOKYO日記 | 11:33 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT