☆つれモナ☆

≫ EDIT

憎みきれないデュシットグルメ











昨日は誕生日でした。

こんな物騒な世の中なのに
四半世紀(x2 ほど)も無事に生きてこられたなんて
まったくありがたいことでございます。

せっかくなので少しでも
社会のお役に立てるよう
精進してまいりたいと思っております。m(__)m




1705221.jpg





というわけでバースデーケーキ的なものを求めて
デュシタニホテルのベイカリーに行ってきました。


そして大きなイチゴがたくさん乗っている
とても美味しそうなタルトを買いました。

2人でシェアするとちょうどいい大きさ。

しかしわたしは忘れていません。
前回の大失敗を。
(その記事コチラ→


なので「フタは閉めないで!」とお願いした。


今回はセーフ (〃´o`)=3


すると例のプラ容器に入れようとしていた
スタッフのおばちゃんが

「じゃあ大きい容器に入れましょうか?
そうしたら余裕ができるから。」


・・・と言うのでね

なんだ大きい容器もあるんじゃん
そっちに入れてよありがとうおばちゃん

とお礼を言ったんだけども





1705222.jpg





・・・・・ ┐( -"-)┌





なにこの「はじめてのおつかい」
みたいな惨状。


まあね
これ少なく見積もっても3割は
わたしが悪いですよ。

たしかにわたしの扱いも雑でしたよ。

でも言い訳させていただくと
自暴自棄になっていたからです。

いまさら丁寧に持ち帰ったところで
無駄な努力だと悟ったのであります。

もらった瞬間にゴロッと
イチゴが落ちる感触もありましたし。



1705223.jpg




このサイズに入れるのならば
そして自ら提案したのであればなおさら
動かないようにちょっと何か入れるとか

毎度毎度しつこいようですが
そこらへんホントに何とも思わないのかしら。

ていうかここのお店は必ず
タルトとケーキが並んでいて
タルトは必ずこのサイズなのです。

なのになぜ毎日売ってるタルトが
ちゃんと収まる容器を探さないのか。

毎日こうなることに疑問をもたないのか。

怒りとか文句とかではなく
もはや人体の不思議レベルで疑問。(゜レ゜)



1705224.jpg



おばちゃんが言った
「大きい容器に入れたら余裕ができる」
というのはてっきり
高さのことも含めてだと思っていたのですが

横にばっかり余裕あってどーすんの。 (・3・)


空間認知能力が著しく低いわたしですら
フタ閉めたら潰れることぐらいわかるのに
なぜこうなる。

ていうかわたしが
「フタ閉めないで!」って言ったことと
この状態がまったくつながっていないことが

なんかもう一般常識の枠を超えていて
むしろ面白くなってきました。≧(´▽`)≦


ああ願わくばわたしもこのぐらい
細かいことを気にしない人間になりたい。

こういうひとたちが日本で働いたら
ものすごいストレスで病んじゃうだろうなあ。


でもなんだかんだいって美味しいので
こんなことされても憎めないデュシットグルメ(笑)。













Googleさんがお祝いしてくれた(*゜▽゜*)
人気ブログランキング
人気ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ グアム情報へ
にほんブログ村








こんなのどうするのか見てみたい(´艸`)
















こちらもよろしくどうぞ
クリックすると別窓で開きます








| グアムで買う | 11:28 | comments:16 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

兄さんに学ぶわたくし









わたしは子供がいないので
事件や事故に巻き込まれて絶体絶命!とか
重病でこれからつらい治療が始まる
という状況になった時に

それでもがんばって生きよう!というモチベーションが
おそらくまったく持てないであろうことが
ここ数年の悩み(というか危機感)でした。

もちろん「会社を守らねば!」とか
「元気になって富士山に登りたい」とか
ここ一番の原動力になるものならば
仕事でも趣味でもなんでもいいのですが

子供のいる同僚と話している時に感じる
「この子を遺して死ぬわけにいかない!」
という気迫に相当するものを
わたしはなかなか見つけられずにいた。


なので何とかそれを見つけておかないと
今後たいへんなことになるぞ、と焦るいっぽう

だったら別にがんばる必要もないじゃんねえ
。。。という気持ちもあり


ならばなぜ毎日生きているのか
わたしの人生はいったい何なのか
ヒトは何のために生きているのか!

みたいな泥沼に片足つっこんで
溺れかけたりもがいたりしていました。




1705202.jpg




しかし社長の盟友 ぷく兄さん
何度もなんども復活してくるのを見ていたら

なぜ生きるのかとか
なんのためにがんばるのかとか
モチベーションがあるとかないとか
そんなことどーでもいいなと気がつきました。


生きていくのに理由なんか必要ないな。

今を生きる、という
生き物としていたってシンプルなことに
粛々と向き合えばいいのだな。


あーだこーだと悩んでいた自分は
なんとバカバカしくくだらない生き物なのかと
小さなチワワから教わったのであります。


兄さん、さすがっす。









10年前と変わらない兄さんにも驚き
人気ブログランキング
人気ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ グアム情報へ
にほんブログ村







ちょっと待った

日本のほうが安いじゃないか!














こちらもよろしくどうぞ
クリックすると別窓で開きます












| 雑談 | 11:25 | comments:14 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT